Edited at

Ext JS 4.2.1 でのロケールの設定

More than 5 years have passed since last update.

ロケールのあて方を書いた日本語サイトがないようなので、書いておきます。

Ext JS の 4.2 以降では locale パッケージが用意されました。

以前のように、 index.html でロケールファイルを読む必要はありません。

日本語のロケールパッケージを宛てるには次の様にします。


app.json

"requires": [

"ext-locale"
],
"locale": "ja",

requires の中に ext-locale を追加して、

locale に ja を指定します。

Sencha Cmd でプロジェクトをリフレッシュします。

$ sencha app refresh

これで、各所の英語が日本語になります。


以前は sencha.cfg に app.locale=ja と設定すると、書いていましたが、

app.json に両方書けるとわかりましたので、書き換えました。