LoginSignup
2
1

新しくなった Databricks CLIで Secretsを設定する

Last updated at Posted at 2023-07-07

はじめに

databricks CLI がversion 0.200から新しくなり、RestAPIなども扱えるようになっている。またSecretの設定方法などが変わったため、簡易的な設定方法をまとめてみました。

Install or Migration

はじめての方はこちらを参考に databricks CLIをPCにインストールしてください。

従来のDatabricks CLIからの移行の場合は、既存の databricks-cliをuninstallしてから実行する必要があります。(.databrickscfgファイルは残ります)

Databricks接続のための認証設定

新規インストールの場合、利用したいDatabricks HostやTokenなどを用いて認証設定を行います。Token以外の認証方法にも対応しております。(対応している認証方式

また古いDatabricks CLIからMigrationした方は、従来設定した情報が残っておりますので、特に再設定は不要です。

ここでは、Personal Tokenを用いた設定をご紹介します。

対象のDatabricks Host-URLとPersonal Access Tokenを取得します。
Personal Access Tokenは、ユーザー設定画面から取得できます。
image.png

以下のコマンドを実行し、ホストとトークンを登録します。

Tokenを用いた認証設定
databricks configure --host <workspace-url> -t -p <some-unique-configuration-profile-name>

登録すると、以下のように .databrickscfg ファイルに登録されます。

.databrickscfg
[<some-unique-configuration-profile-name>]
host  = <workspace-url>
token = <personal-access-token>

Secret作成

1. Scopeの作成

最初にKey/Valueを登録するScopeというものを作成します。このScopeはフォルダーのようなもので、その中に複数のKeyを登録でき、グループ化することができます。プロジェクト毎にキーを分けて管理するなどに便利です。
作成方法は databricks secrets create-scope SCOPE です。

scope作成例(openai scope)
$ databricks secrets create-scope openai

2. Key/Valueの作成

次にKey/Valueの作成をします。以下のように databricks secrets put-secret SCOPE KEY [flags] という形式で作成します。すると Valueを入力するプロンプトが表示されます。

Key/Value作成例
$ databricks secrets put-secret openai openai-api-key
✔ Enter your secrets value: ************************************█

以上で完了です。それ以外の使い方は、 databricks secrets -h で確認できます。

3. ノートブックでの呼び出し方

以下のようにdbutilsを使って呼び出せます。

key = dbutils.secrets.get(scope = "openai", key = "openai-api-key")
2
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2
1