Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacBookをEl Capitanにして新しくセットアップする3 〜コマンドラインツール整備編〜

More than 5 years have passed since last update.

親記事

MacBookをEl Capitanにして新しくセットアップする
MacBookをEl Capitanにして新しくセットアップする 2 〜環境設定・OSインストール編〜

Command Line Tools をインストール

App StoreからXcodeをインストール。
その際に普通のXcodeではなく、バージョンが7.0のXcode betaをインストールする必要があるようです。
Xcodeのメニューから Open Developer Tool > More Developer Tools を選択。
Safariでダウンロードできるツール一覧が表示されるので、
そこからXcodeのバージョン(7.0)に合わせた Command Line Tools をダウンロード・インストール。

iTerm2をインストール

iTerm2の公式サイトからiTerm2をダウンロード・インストール。
フォントはRicky Diminishedが良いのですが、
Homebrewで導入したいと思うのでとりあえず保留します。

[追記] JDKをインストール

下のHomebrewでのインストールなのですが、
一部Java Development Kit (JDK)が必要だったので、
リンク先からインストールしました。
Licenseに承諾してMac OS X用のインストーラをダウンロード、
あとはインストーラの指示にしたがってインストールするだけでした。

Homebrewを導入

Homebrewを導入します。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewは2015年8月4日現在El Capitanをサポートしていないようですが、
インストールだけはすることができました。
Rootlessの影響がどこまで出るのか不明ですが、
このままセットアップを続けていきたいと思います。

追記:英語のページですが、このページによると
新しくインンストールしなおせば影響はでないとのこと。
問題が起こるのは既存のPCをアップデートした時なのでしょうか?

何はともあれ、とりあえず brew update を叩きます。

次に、一括でformulaをインストールしようと思ったのですが、
Brewfileは公式でなくなったらしいです。
一括インストールはいろんな方法があるらしいのですが、
こちらBrionacというYAML記法で書けるプログラムを使わせてもらおうと思います。

READMEの指示に従って、

$ brew tap b4b4r07/brionac
$ brew install brionac

前のPCで brew list をかけて出てきたリストから必要なformulaを
Vimで formula.yaml に記述します。 (formulaeじゃなくていいのかな?)

formal.yaml
---
tap:
  - b4b4r07/brionac
  - caskroom/cask
  - homebrew/dupes
  - homebrew/php
  - sanemat/font

brew:
  install:
    - { name: aquaterm }
    - { name: autoconf }
    - { name: automake }
    - { name: brew-cask }
    - { name: brionac }
    - { name: cairo }
    - { name: clipboard }
    - { name: composer }
    - { name: curl }
    - { name: emacs, args: --with-cocoa, --with-glib, --with-imagemagick, --with-x11 }
    - { name: ffmpeg }
    - { name: gcc }
    - { name: ghostscript, args: --with-x11 }
    - { name: git }
    - { name: glib }
    - { name: gnu-typist }
    - { name: gnuplot, args: --with-aquaterm, --with-cairo, --with-latex, --with-pdfflib-lite, --with-qt, --with-x11 }
    - { name: hub }
    - { name: lua }
    - { name: lzlib }
    - { name: macvim, args: --with-lua, --with-luajit }
    - { name: mcrypt }
    - { name: mysql }
    - { name: node }
    - { name: nodebrew }
    - { name: openssl }
    - { name: php54 }
    - { name: php54-mcrypt } 
    - { name: python }
    - { name: qt }
    - { name: readline }
    - { name: ricky }
    - { name: ruby }
    - { name: sqlit }
    - { name: tmux }
    - { name: tree }
    - { name: vim, args: --with-lua, --with-luajit }
    - { name: zlib }
    - { name: zsh }
    - { name: zsh-completions } 

フォント周りをRicty Diminishedにする

これでRickyのインストールもできました。これを ~/Library/Fonts ディレクトリに
コピーするために以下のコマンドを実行します。
バージョン番号は適宜置き換えてください。

$ cp -f /usr/local/Cellar/ricty/3.2.4/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
$ fc-cache -vf

これだけではRicty Diminishedが入らないので、
リンク先のGitHubに飛んでZipからフォントのTTFファイルをダウンロード、
適切なディレクトリにコピーしてもう一回 fc-cache を走らせます。

iTerm2のフォントはRicty Diminishedの14ptにします。
その他の設定は今の所いじらないでおきます。

続いてdotfileの設定なども行いたいと思いますが、ここで一回切りたいと思います。

marmot1123
Webサイト制作(HTML/CSS/jQuery/PHP)関連が多いとは思うけどMacを使ってできる面白そうなことは何でもやります でも本業は物理学&数学(のつもり)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away