Python
python3
Pycharm
備忘録
Anaconda

【備忘録】PyCharmセットアップ

はじめに

この備忘録は、PyCharm (コミュニティ版) のインストール時のメモ書きです。
Pythonは↓でインストール済み
【備忘録】Pythonセットアップ

OS

Windows 10 Pro 64bit

手順

まずは、下記URLからPyCharmのインストーラをDL。
https://www.jetbrains.com/pycharm/

画面の右上あたりにある Download を選択
2-01.png

自分の環境に合わせて、インストーラを選ぶ。
今回は、無料のコミュニティ版をダウンロードする。
2-02.png

DLしたexeをダブルクリック。
Next >
2-03.png

任意のディレクトリを指定。
(今回はデフォルトのまま、Program Filesディレクトリ下にインストール)
2-04.png

欲しいオプションを選ぶ。
(今回は、デスクトップに64bitランチャーを作ることと、.pyファイルの関連付けをしてもらって Next >)
2-05.png

特に変更せずに Next >
2-06.png

インストールかんりょう~!
2-07.png

PyCharm初回起動時の設定

デスクトップにショートカットができているはずなので、ポチポチとダブルクリック。
2-08.png

プライバシーポリシーが表示されるので
2-09.png

最後まで読んだら Accept
2-10.png

データ送信については好きな方を選ぶ。
2-11.png

画面の見た目の選択。
個人的に白いほうが好きなので、今回は白を選択。
2-12.png

ユーザに人気のプラグインをここでインストールできる。
好きなものを選んで、 Start using PyCharm
2-13.png

起動したー!
2-14.png

プロジェクトの作成

入れたばかりでプロジェクトの影も形もないため、 Create New Project をクリック。
2-16.png

プロジェクトのディレクトリを作る。
デフォルトで PyCharmProjects まで指定されているので、今回は testPJ01 というテキトーな名前で Create する … 前に、
2-17.png

Location の下の Project Interpreter: New Virtualenv environment をクリックして念の為確認。
- New environment using Virtualenv にチェックが入っている
- Location → プロジェクトのディレクトリ下のvenv
- Base interpreter: Anaconda3ディレクトリの下のpython.exe
したら、今度こそ Create。
2-18.png

起動できたー!
2-19.png

エディタの設定などは、下記の記事を参考にしました。ありがとうございます!
PyCharm のオレオレ最強設定: akiyoko さん

一応動作確認

画面左上のプロジェクトを右クリック → New → Python File
2-20.png

名前を HelloWorld として OK
(.pyのファイル名=モジュール名?なのかまだちょっとよくわかってないので、ふわふわと決めてしまいましたふわふわ。
 javaとかならクラス名と同じで単語は大文字スタート&単語の区切りに記号無しにしていたのだけど、どうするのが一般的なのだろうか…)

2-21.png

ファイルできたー
2-22.png

試しに動かす用のコードを記載する。

hello_world.py
def test():
    print('HELLO WORLD')


if __name__ == '__main__':
    test()

print('モジュール名:{}'.format(__name__))

コードの参考にしている教科書はこちら↓
退屈なことはPythonにやらせよう
――ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング - O'Reilly

実際に動かしてみたいので、
プロジェクト欄のHelloWorld.pyを右クリック → Run
2-23.png

無事 HELLO WORLD が表示された! わーいわーい
2-24.png
(なんでpython.exeの指定はバックスラッシュ区切りなのに、実行対象.pyの指定はスラッシュ区切りなのだろうか…)

これである程度好き勝手やれそうな環境がひとまずできたー!
教科書の勉強がひとなめできたら、形態素解析とかやってみたいなー:relaxed::relaxed: