macOSでのディスクイメージ作成でよく使うコマンド

macOSでのディスクイメージ作成

よくつかうディスクイメージ作成コマンドです

書込可能・固定サイズ・最大1GB dmgファイル

$ hdiutil create -type UDIF -fs JHFS+ \
  -size 1gb -volname "DISKIMAGE1" DISKIMAGE1

書込可能・可変サイズ・最大20GB sparseimageファイル

スパースイメージなので最大領域までディスクを占拠しないので使い勝手がよい
汎用ディスクイメージ

$ hdiutil create -type SPARSE -fs JHFS+ \
  -volname "DISKIMAGE2" -size 20gb DISKIMAGE2

書込可能・可変サイズ・最大20GB・AES暗号化 sparseimageファイル

上記に暗号化機能をつけたもの

$ hdiutil create -type SPARSE -fs JHFS+ \
  -encryption AES-128 -stdinpass \
  -volname "DISKIMAGE3" -size 20gb DISKIMAGE3

書込可能・可変サイズ・最大20GB sparsebundleパッケージ

スパースバンドルイメージの実体は複数の小さなファイルで構成されたフォルダなので、
1ファイル4GB制限のあるFAT32ドライブなどにも作成でき、
そのディスクイメージの中には4GB超のファイルを置くことができる

$ hdiutil create -type SPARSEBUNDLE -fs JHFS+ \
  -volname "DISKIMAGE4" -size 20gb DISKIMAGE4

読込専用・固定サイズ・zlib圧縮 dmgファイル

シンプルなアーカイブ作成、展開せずにマウントできるので便利

$ hdiutil create -fs HFS+ -format UDZO \
  -srcfolder "ソースフォルダ" \
  -volname "DISKIMAGE5" DISKIMAGE5

読込専用・固定サイズ・LZFSE圧縮 dmgファイル

LZFSEはAppleの開発した新しい圧縮方式らしい(OS X 10.11以降で使用可能)

$ hdiutil create -fs HFS+ -format ULFO \
  -srcfolder "ソースフォルダ" \
  -volname "DISKIMAGE6" DISKIMAGE6
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.