search
LoginSignup
0

More than 5 years have passed since last update.

posted at

[blackbird-fio-status] blackbird で ioDrive(Fusion-IO) をモニタリングする

blackbird fio-status plugin

この plugin では ioDrive(Fusion-IO) の様々な情報を取得し、backend にデータを送信します

fio1.png

fio2.png

fio3.png

取得してくる項目

基本的には fio-status で取れる項目を取得します

  • physical bytes read/write
  • temperature
  • volts / watts / amperes
  • device name
  • などなど

device 名は Low Level Discovery で自動的に拾うようにしています

Install

blackbird 本体

こちらを参考に install してください

Install fio-status plugin

setup.py で入れる方法と rpm で入れる方法があります

setup.py で install

git clone https://github.com/Vagrants/blackbird-fio-status.git
cd blackbird-fio-status
python setup.py install

rpm で install

yum install blackbird-fio-status --enablerepo=blackbird

fio-status の実行には root 権限が必要なので

この blackbird-fio-status を使う場合は下記の何れかの方法で fio-status を実行できるようにする必要があります

blackbird 実行ユーザーに対し sudo 権限を与える

内部では sudo fio-status を実行していますので、sudoers で blackbird 実行ユーザー(default は bbd)に対して権限を与えてください

/etc/sudoers.d/bbd
Defaults:bbd !requiretty
bbd ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/bin/fio-status

blackbird を root で動かす

blackbird 本体の設定で root 権限で実行させるようにします

/etc/blackbird/defaults.cfg
[global]
user = root
group = root

plugin の設定をする

config は /etc/blackbird/conf.d/fio_status.cfg にあります

/etc/blackbird/conf.d/fio-status.cfg
[fio-status]
module = fio_status

# fio-status location. default is '/usr/bin/fio-status'
#
#path = /usr/bin/fio-status

fio-status の path が違う場合は変更してください

監視の間隔は 60 秒(discoveryは 600 秒)がデフォルトですが、変更したい場合は

/etc/blackbird/conf.d/fio_status.cfg
interval = 30
lld_interval = 300

のように指定してください

設定が終わったら blackbird を再起動させます

sudo /etc/init.d/blackbird restart

Zabbix 上でデータが入ってきているか確認する

Zabbix の Template は github の repositoryにあります
Zabbix に import して対象のサーバーに適用させて下さい
この Tempalte はほとんどが LLD のアイテムですので、実際にデータに出てくるまでちょっと時間かかるかもしれません

Zabbix 上の host 名と blackbird が起動しているサーバーの host 名が違う場合は /etc/blackbird/conf.d/fio_status.cfg 上で hostname を設定してあげる必要があります
Zabbix 上と合わせてください

/etc/blackbird/conf.d/fio_status.cfg
hostname = your_static_hostname

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0