search
LoginSignup
1

More than 5 years have passed since last update.

posted at

[blackbird-redis] blackbird で Redis をモニタリングする

blackbird Redis plugin

この plugin では Redis から様々な情報を取得し、backend にデータを送信します
現在のところ、下記の情報をモニタリングすることができます。

  • INFO の値
  • CONFIG GETmaxmemory 及び maxclients
  • 特定 key に対する responce time (GET / SET)

動作確認は 2.6.x と 2.8.x で行ってます

Install

blackbird 本体

こちらを参考に install してください

Install Redis plugin

setup.py で入れる方法と rpm で入れる方法があります

setup.py で install

git clone https://github.com/Vagrants/blackbird-redis.git
cd blackbird-redis
python setup.py install

rpm で install

yum install blackbird-redis --enablerepo=blackbird

plugin の設定をする

config は /etc/blackbird/conf.d/redis.cfg にあります

/etc/blackbird/conf.d/redis.cfg
[redis]
module = redis

# if you set 'requirepass' in redis.conf, please set auth.
#
#auth = password

# for response time check
# if you do not want to check, please comment out.
response_check_key = __zabbix_check

# default values
#
#host = 127.0.0.1
#port = 6379
#db = 0

redis.confrequirepass の設定をしている場合は auth = password を設定してください
response_check_key は response time 計測時に GET / SET する時の key の名前になります

設定が終わったら blackbird を再起動させます

sudo /etc/init.d/blackbird restart

Zabbix 上でデータが入ってきているか確認する

Zabbix の Template は Zabbix 2.2 から export したものが github の repositoryにあります
Zabbix に import して対象のサーバーに適用させて下さい

しかしこの Template、Trigger の依存エラーで 2.4 系だと import できない問題があります
import 時に Trigger の部分の checkbox を外せば import できるんですが・・

Zabbix 上の host 名と blackbird が起動しているサーバーの host 名が違う場合は /etc/blackbird/conf.d/redis.cfg 上で hostname を設定してあげる必要があります
Zabbix 上と合わせてください

/etc/blackbird/conf.d/redis.cfg
hostname = your_static_hostname

また、監視間隔も変更できます (デフォルトでは 60 秒、LLD は 600 秒)

/etc/blackbird/conf.d/redis.cfg
interval = 30
lld_interval = 300

Response Time について

この plugin では GET / SET の response time を計測し、Zabbix 上では Performance - Get response timePerformance - Set response time としてデータを収集します
この response time ですが、純粋な response time ではありません
実際には内部で python でいろいろ処理する時間も含まれています
ですのであくまで参考程度にお考えください
(今後まじめに作るかも)

LLD について

LLD では INFO の Keyspace の情報を Discovery します

# Keyspace
db0:keys=123,expires=0,avg_ttl=9
db1:keys=2345,expires=456,avg_ttl=99
db2:keys=34567,expires=789,avg_ttl=999
...

その他

  • 一応 1 つの Template で mode が standalone slave sentinel をカバーできるようにはしてありますが将来的には分けるかもしれません

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1