Help us understand the problem. What is going on with this article?

【レポート】N-Agile(仮) #2 アジャイル開発ツールLT大会&四方山話

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

2018/11/02に開催したN-Agile(仮) #1 価値観ババ抜き大会に引き続き、第2回目企画として
N-Agile(仮) #2 ツール四方山話~あなたの好きな/使いたいツールは何?~を開催しました!

N-Agile.jpeg

N-Agile(仮)とは

NRI社内でのアジャイルを実践する/したい人たちが集まり、とにかく色んなことを「やってみよう」という趣旨のコミュニティです。名前募集中。

構成

  • LT(Lightning Talk) × 3枠
  • 使ってみたor使ってみたいツールのレコメンド大会

LT内容

VScode + PlantUML最強伝説(ありがちな設計書onExcelをVscode + PlantUML)

  • Visual Studio Code (VScode)
    • MS謹製、フリーでOSSなコードエディタ。
    • コミュニティが充実していてプラグイン大量。
    • 有償のVisual Studioより便利な部分すらある。
    • 書きたい言語は大体書ける。
    • Visual Studio譲りのIntelliSenseで自動補完がめちゃくちゃかしこい。
    • 軽い。
  • PlantUML
    • テキストベースでUMLを書くと、図としてレンダリングしてくれる。シーケンス図とかフローチャートとか。
    • ちょっと試してみたいときは、PlantTextでオンラインで使えます。こんな感じPlantUML.PNG
    • VSCodeと連携することで、WYSIWYGなエディットも可能!

某CTOの普段使っているPMツール

分類 ツール 使い方 URL
設計ドキュメント   Confluence 設計書、議事録等管理 https://ja.atlassian.com/software/confluence
Xd アプリUI/UXデザイン・管理 https://www.adobe.com/jp/products/xd.html
api bluepoint WebAPIの仕様書 https://apiblueprint.org/
タスク管理      Jira カンバンボード https://ja.atlassian.com/software/jira/features
リポジトリ GitHub ソース管理 https://github.co.jp/
コミュニケーション   slack チャット https://slack.com/int/ja-jp/features
appear.in Web会議 https://appear.in/ 

AzureDevOps使ってみた

[前置き]
アジャイル開発においては、いろいろなツールが潤沢にあるがゆえに、ツール管理(=アカウント管理)がめんどくさい一面があるかと思います。
そこでAzureDevOps(ほんの2か月前はVisualStudioTeamService)を使ってみました。
AzureDevOpsとは、Microsoft社の提供するクラウド環境(Azure)の中のサービスの一つ。
以下、「設計ドキュメント」「タスク管理」「リポジトリ」「CI/CD」「テスト」についてスクラム開発の中で使った所感です。

AzureDevOpsOverView.png

分類 ツール 使い方
設計ドキュメント             Wiki Markdown記述可能。設計書の管理や、レトロスペクティブの写真管理など色々な使い方ができる。Confluenceと同等のイメージ。
タスク管理 Boards       カンバンボード。クエリ発行により、タスクごとの検索が可能。
リポジトリ Repos        いわゆるGit。ソース管理も、コミット~プルリクまで管理できる。
CI/CD       Pipelines      ソース配布までのパイプライン管理ができる。
テスト       TestPlans       APIへのテストやラッシュテストが計画、投入できる。

感想としては、それぞれのツール一つ一つは慣れれば使いこなせるかなというイメージですが、やはりAzureDevOpsという一つのサービスに包含されているため、アカウント管理がシンプルであるという点が良かったです。
ここでは、実際のwikiやカンバンボードはお見せしませんが、どんな感じで使ってたの?とお声がけいただければお見せしたいと思います(*社内限定)。

4. 使ってみたor使ってみたいツールのレコメンド大会
以下、参加者から紹介のあったツール達。
正直使ったことないものばかりなので、今後使ってみたいと思います。

分類 ツール URL
Wiki系 Scrapbox https://scrapbox.io/
HackMD https://hackmd.io/
タスク管理 Trello https://trello.com/
Meister task https://www.meistertask.com/ja
開発系 IFTTT https://ifttt.com/
swagger https://swagger.io/
コミュニケーション MS Teams https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software
Cacoo https://cacoo.com/ja/
Twillio https://twilio.kddi-web.com/
その他 AutoDraw https://www.autodraw.com/
gSyncit http://www.fieldstonsoftware.com/software/gsyncit5/
Gsuite https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/

イベントレポート

  • Keep
    • 継続した告知
      • 今回は、前回を上回る22名に参加いただけました!!
        現地参加18名、Skype参加4名(うち海外1名)
    • LT形式を活用して盛り上げる
  • Problem
    • iPadをシンクライアント化(Citrix)するとVDI上でSkypeがうまく動作しない(音声IOが認識されない)ので、遠隔参加のSkype準備など色々とバタついてしまった。
  • Try
    • Skypeでの参加となるとコメントが取り上げられなかったりと、参加してくださる方のコメントをうまいこと取り込めるような仕組みを考えることを、Tryします!
    • みなとみらい以外の拠点での開催

第二回で3人の運営メンバーのうち、2名不在のなかの開催で不安もありましたが何とかなりました。
遠隔参加のSkype準備など色々とバタついてしまい参加してくださった皆様にはご迷惑おかけしました。。

今後の予定

N-Agile(仮) #3 ゴールを共有するインセプションデッキ~われわれはなぜここにいるのか~
興味のある方は、ぜひご参加ください!
また、社外の方、温かい目で見守っていただけたらと思います。いつかコラボさせてください!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away