LinuxでもAlfredしたい!→Mutateを使おう!

  • 28
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

導入

Mac OS XにはAlfredというかっこいいランチャーアプリがあります。

Macユーザー必須の神アプリ Alfred の基本的な使い方とか設定方法とか その1(検索&アクション)

以前Macユーザーの知り合いが使っているのを見て憧れていたのですが、自分はMacユーザーではないので諦めていました。

しかし、最近ふと思い出して調べてみたところ、LinuxでもAlfredのようなランチャーアプリはいくつかあるみたいです。

Alfred Alternatives for Linux - AlternativeTo.net

その中でもMutateが気になったので使ってみると、結構いい感じだったので紹介します。

qdore/Mutate

どんな感じ?

一応アニメGIFを作ってみました。

Mutate

さくっと表示して検索して、起動できる感じです。

インストール

Ubuntuであればppaからインストールできます。

$ sudo add-apt-repository ppa:mutate/ppa
$ sudo apt update
$ sudo apt install mutate --no-install-recommends

--no-install-recommendsを忘れるとfcitxとか入ってくるので注意してください。

他にも、リポジトリのREADME.mdによるとFedoreとかでもインストール方法も乗っていたりするので参考にしてください。

起動方法

コマンドラインとかから、

$ mutate

で起動します。

しかしデーモンとして起動したりするわけではないので、~/.xprofileとかに、

~/.xprofile
mutate &

と書いておくことをオススメします。

一度起動したらあとは、Ctrl-Dで検索窓を表示できるようになります。

設定

検索窓で、

preference

と入れてエンターを押すと設定画面が開きます。

また、設定ファイルは~/.config/Mutateに保存されています。

自分でスクリプトを書いてカスタマイズすることもできるので、がんばってみてください!

参考までにボクの設定です。

MakeNowJust/mutate-config

問題点とか

2015/03/21現在のです。

  • さっきも書きましたが普通にインストールしようとするとfcitxを入れようとしてきます。これはuimユーザーとしては許しがたい暴挙ですのでIssueを立てました。
  • 設定ファイルの保存されているディレクトリのパーミッションが微妙なのでどうにかして欲しいです。
  • 2回起動しようとすると、怒られます。これは2回ホットキーが登録されたらマズいので理解できるのですが、一度プロセスを殺してもこうなるので何だかなぁ、と。
    一応、rm /tmp/qipc_sharedmemory*すれば出なくなります。