Help us understand the problem. What is going on with this article?

ATコマンドを打っても何も返ってこないときの解決方法for Mac【ESP8266】

More than 3 years have passed since last update.

私はWi-FiモジュールESP8266を購入し、早速IoTデビュー!というときに、Cerevoの技術Blogの記事や、これ以外にも様々なブログやQiita記事を見ました。
どんな記事にも大体 ATコマンド入力 という手順が出てきて、シリアルモニタに AT と入力し、送信ボタンを押すと OK と返ってくるということが書いてありました。

早速MacにインストールしたArduino IDEで記事を何度も確認しながらやってみると...

何も返ってこない。。。

エラーも何も表示されない。
結構最初のほうにATコマンドの部分が出てくるので、「こんなところで壁にぶつかるなんて!」と、とても絶望しました。

この記事は組み立てが終わり、いよいよこれからというところでOKが返ってこなくてショックを受けている人のために書きます。

解決方法

  • Arduino IDEをインストールする。
  • 部品を組み立る。
  • 組み立てたモジュールをPCと接続する。
  • Arduino IDEのツール→ポートからUSBデバイス名を確認する。
  • GitHub esptool のDownload ZIPボタンからダウンロードする。
  • ターミナルを開いて以下を実行する。
$ cd
$ cd Downloads/esptool-master
$ sudo python setup.py install
  • ここからファームウェアを入手する。(esp_iot_sdk_v1.3.0_15_08_08.zipをダウンロードする)
  • ターミナルを開いて以下を実行する
$ cd
$ cd Downloads/esptool-master
$ sudo python setup.py install
  • 先程ダウンロードしたesp_iot_sdk_v1.3.0_15_08_08.zipを解凍して、esp_iot_sdk_v1.3.0_15_08_08 → esp_iot_sdk_v1.3.0 → bin の中に、GitHubからダウンロードした、esptool-masterの中のesptool.pyをコピーする。
  • ターミナルを開いて以下を実行する。
$ cd
$ cd Downloads/esp_iot_sdk_v1.3.0_15_08_08/esp_iot_sdk_v1.3.0/bin
$ ./esptool.py -p /dev/cu.usbserial-★ここにUSBデバイス名入れる★ write_flash -ff 26m -fm qio -fs 32m 0x00000 boot_v1.4\(b1\).bin 0x01000 at/user1.1024.new.2.bin 0x7e000 blank.bin 0xfe000 blank.bin

実行結果

https://gyazo.com/7853246ed63f629a8692ab298480b246

これでATコマンドを入力するとOKと返ってくるようになります!

https://gyazo.com/9b13b9b5284fd03ed1d79f183c2fb0d8

引っ掛かりポイント

boot_v1.4(b1).binではなく、boot_v1.4\(b1\).binです!

色々な記事にboot_v1.4(b1).bin書いてあるし、binディレクトリでlsコマンドを実行してもboot_v1.4(b1).binと出てきますが、そのまましてしまうと、zsh: no matches found: boot_v1.4(b1).binと出てきてしまいました。

makaron_jp
サービス作りが大好き💕🌻
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away