Edited at

チートシート ibmcloud vs CF コマンド対応表

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

今、WatsonをはじめとするIBM Cloudのサービスは、従来型のサービスからIAMベースのものに移行しつつあります。

新しいIAMベースのWatsonサービスではCFコマンドが使えないので、新しいコマンドラインであるibmcloudコマンドに移行する必要があります。

しかし、この新しいコマンドの解説が非常に少なく。。。

ということで対応表を作ってみました。

意味
IBM Cloudコマンド
CFコマンド (省略形)

リソースの一覧表示
ibmcloud resource service-instances
(N/A)

アプリケーションの一覧表示
ibmcloud app list
cf apps (a)

サービスの一覧表示
ibmcloud service list
cf services (s)

サービスの作成
ibmcloud service create <OFFERING_NANE> <PLAN_NAME> <SVC_NAME>
cf create-service (cs) <OFFERING_NANE> <PLAN_NAME> <SVC_NAME>

サービスのエイリアス定義
ibmcloud resource service-alias-create <ALIAS_NAME> --instance-name <INST_NAME>
(N/A)

アプリケーションの配置・更新
ibmcloud app push <APP_NAME>
cf push

サービスのバインド
ibmcloud service bind <APP_NAME> <SVC_NAME>
cf bind-service (bs) <APP_NAME> <SVC_NAME>

環境変数の設定
ibmcloud app env-set <APP_NAME > <ENV_NAME > <ENV_VALUE >
app set-env (se) <APP_NAME> <ENV_NAME> <ENV_VALUE>

アプリケーションの再構成
ibmcloud app restage <APP_NAME>
cf restage (rg) <APP_NAME>

Offering Nameの一覧

Offering Name
API Name

personality_insights
Personality Insights

pm-20
Watson Machine Learning

watson_vision_combined
Visual Recognition

language_translator
Language Translator

natural-language-understanding
Natural Language Understanding

natural_language_classifier
Natural Language Classifier

speech_to_text
Speech to Text

text_to_speech
Text to Speech

conversation
Watson Assistant

discovery
Watson Discovery

tone_analyzer
Tone Analyser


参考

下記書き込みも参考にして下さい。

IBM Cloud IAM対応のためのtips