3
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

testingだけで完結するmockを作る #Golang

こんにちは。まいたけと申します。
こちらは、Go4 Advent Calendar 2019 の23日目の記事です。

Goで実装して、テストも実装して、、とやっていると、
ある程度以上の大きさ(&複雑さ?)の実装となるとmockが必要になるケースが増えるかなと思います。

GoMockを使って実装するやり方は結構情報あったのですが、
標準のtestingパッケージのみでmockを作る方法を詳しく書いている方があまり多くないようで(皆さんGoMockを利用されているということでしょうかね。。)
Goに入門して割りとすぐの頃にmockを作ろうとして少し苦労した記憶があるので、まとめてみたいと思います。

テスト対象の実装

createTaskupdateTaskのmockを作りたいとする。

type TaskInterface interface {
    createTask(int,string) (string, error)
    updateTask(int,string) (string, error)
}

type TaskController struct {
    functions            TaskInterface
}

func (c *TaskController) createTask(id int,title string) error {
    // 何か処理
}

func (c *TaskController) updateTask(id int,title string) error {
    // 何か処理
}   

test側

Goのinterfaceはダックタイピングを採用しているため、TaskInterfaceのメソッドリストを実装してあげることで、mockを作成出来ます。

type mockTaskController struct {
    TaskInterface
    mockCreateTask func(int,string) (string, error)
    mockUpdateTask func(int,string) (string, error)
}

// 内部処理はmockCreateTask,mockUpdateTaskに任せる
func (m *mockTaskController) createTask(id int, title string) error {
    m.mockCreateTask(id, title)
}

func (m *mockTaskController) updateTask(id int, title string) error {
    m.mockUpdateTask(id, title)
}

... //中略
func TestHoge(t *testing.T) {
    m = &mockTaskController{}
    // テスト内容に合わせてmockCreateTaskの戻り値を指定する
    m.mockCreateTask = func(int,string) (string, error) { return "bug fix", nil }

...

}   

メソッドの内部処理は上記の例のように固定値を返すようにしても良いですが、
createTaskの戻り値によって動作が変わるメソッドのテストを書く場合もある(むしろこっちのほうが多い?)ので、テーブルドリブンテストのループ内でm.mockCreateTaskの宣言をする感じにも出来ます。

test側 テーブルドリブンテストの場合

func TestHoge(t *testing.T) {
    m = &mockTaskController{}
    Cases := []struct {
        caseTitle  string
        createTaskTitle string
        createTaskError
    }
        .... // 中略
    }

    for _, c := range Cases {
        m.mockCreateTask = func(int,string) (string, error) { return c.createTaskTitle, c.createTaskError }
        ... //中略
    }

...

}   

まとめ

この方法だと既存のソース、パッケージ内のメソッドのmockも同様に作成可能です。便利。
mockを自動生成してくれるGoMockも魅力的ですが、今回ご紹介した方法だと柔軟にmockが作れるので良いなあと思います。
testingのみでサクッとmockを作りたい場合にはぜひ試してみて下さい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
3
Help us understand the problem. What are the problem?