TypeScriptでKnockoutを使ってみます。
ただし、下記コマンドが実行できる前提です。
- npm
- tsc
- typings

環境構築

今回はVisual Studioを使わず、testフォルダ内にサンプルを作ってみます。

testフォルダで下記コマンドを実行し、tsc、typings、npmを実行出来る環境を用意します。

tsc --init
typings init
npm init

型定義ファイルの取得

型定義ファイルを取得しましょう。

今回はKnockoutの型定義ファイルを取得します。

typings install dt~knockout --global --save

knockout.jsの取得

npmでknockout.jsを取得します。

npm install knokcout 

サンプル実装

まず、ViewModelを作ります。

viewModel.ts

/// <reference path="../typings/index.d.ts"/>

class ViewModel{
    // property
    private privateMsg = "隠しメッセージ";

    // ko observable
    private observableMsg = ko.observable("");

    constructor(){
        // ko observableに値をセット
        this.observableMsg("Hello Knockout World!!!");
    }

    /**
     * 隠しメッセージを表示します。
     */
    private showMsg(): void{
        alert(this.privateMsg);
    }
}

次に、ViewModelをバインドします。

app.ts

/// <reference path="../typings/index.d.ts"/>
/// <reference path="viewModel.ts"/>

window.onload = function(){
    const viewModel = new ViewModel();
    ko.applyBindings(viewModel);
}

画面を作ります。

node_moduleを直に参照するのは。。。

index.html

<html>
    <head>
        <script src="node_modules/knockout/build/output/knockout-latest.js"></script>
        <script src="ts/viewModel.js"></script>
        <script src="ts/app.js"></script>
    </head>
    <body>
        <div data-bind="text: observableMsg"></div>
        <button type="button" data-bind="click: showMsg">メッセージを表示する</button>
    </body>
</html>

tsのトランスパイル

tsファイルをjsファイルにトランスパイルします。

tsc app.ts
tsc viewModel.ts

今回は手動でトランスパイルしましたが、gulpやらgruntで自動化するのが望ましいです。

そもそもVisual Studio使えばこんな面倒なことしなくても

画面の表示

早速画面を表示しましょう。

typescript_knockout_index.png

ボタンをクリックするとViewModelで定義した関数が呼び出されます。

typescript_knockout_index_clicked.png

サンプルの構成

typescript_knockout_constitution.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.