Help us understand the problem. What is going on with this article?

データ分析もプログラミングもできないのに何故かここにいる

Qiita初投稿です。
データラーニングギルドアドベントカレンダー
の24日目担当です!
クリスマスイブなのでサクッとした記事に修正しました♪

まず簡潔にまとめ

  • 今年一年の振り返り・・・タイトルの通り
  • 来年の目標・・・一か月に一つ、どんなにしょうもなくてもWebアプリを作成。
  • 目的を明確にしてからイベントに参加する
  • 目標へのストーリー作りはよいぞ

今年一年の振り返り

今年何を成せたのかと問われると
何も成せてないというのが正しい。

自分の弱点がわかったこと、そしてその対処方法になんとなく
気付いたのが秋、具体的な対処方法とその計画を立てたのが
つい一昨日前である。

何故ここまで時間がかかってしまったかというと
色々あったwというのもあるが、
人に頼らなさすぎたというのが大きな原因。

もちろん自分で調べない、教えてもらえばいいという意味ではなく、
「自分こうなりたいっす!」と目標ができたら、キャリアパス相談をするのがいい。
本当にいい。
ここで相談するといい。
活用するのが2020年の吉である。

ノリで言っているのではなく、データ分析のような新しく専門的であるにも関わらず幅広い特殊な業界だからこそ、学習しなくてもいいものがあるからである。

「目標ができたらやるべきことは見えてくる」だけではどうにもならないこともあるのだ。

ゴールへの到達方法を知り、一度ゴールへ到達した後でもっと近道はあったかな、
足りないものはあったかなと振り返ればいい。
自分の力でというのももちろん無駄ではないけれど、気持ちだけが焦ってしまい自分が見えなくなってしまっては勿体ない。

当然のことだけれど、頼ることも覚えなさいということがよくわかった一年であった。

来年はどんな活動をする予定か?

冒頭で述べた通り、
一か月に一つ、どんなにしょうもなくてもWebアプリを作成(試しにTwitterつぶやくだけのを作成した♪)

  • 何故か?
    • ノースキルなので自信作り(小さくても達成できた自信を積み重ねたい)。
    • 業務でお客様の声(フリーテキスト)の視覚化を求められるが、 社内にエンジニアがいないためそのポジションを求められるand狙いたい。
    • 作る癖、学習する癖を作りたい。
    • 小さくても達成できたという自信を積み重ねていく。

今後こんなキャリアを構築したい

  • テンションが上がる業務に携わりたい。
  • 某企業のWebサイト分析をしていた時に、流入元や原因を調べる方がテンションが上がった.
  • 数字とにらめっこするのはテンション上がらない。
  • ツールを使いこなせるようになるとテンション上がる。

なんでもできないといけないと思っていたが、所属している課ではチーム体制をとっているので、@msdtakashiさんの記事にある
データサイエンスチームとデータアーキテクトのキャリア
ポジションを明確に分ける説明あたりが、理想となりそう。

最後におすすめ

講座や会議、飲み会でもいいのですが参加する時に目的を明確にしてみてください。
「こういう目的で参加します。こんな収穫を期待してます。」とメモを作り、開始直前に見返したり、話すことができたらより効果的。

最近目的を見失うことが多くなってきていたのですが、この方法で気付くことも出てくるのでおすすめしておきます。

追記

そして目標ができたらGROWモデルをしてみてください♪
Goal……目標の明確化(具体的にどうなりたいかのイメージ)
Realty……現状の把握(現状はどう作り出されて、その原因は何か)
Rbsource……資源の発見(人、物、金、情報、時間など)
Options……選択肢の創造(自分で選択肢を作る!)
Will……目標達成の意志(具体的な行動の約束)

です!
特にResource大事です♪

それではみなさまよいクリスマスとお年を~!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした