Help us understand the problem. What is going on with this article?

Githubに関する備忘録

初めに

ローカルリポジトリからリモートリポジトリにpushする方法を備忘録として残します。

初回編

$ git init
$ git add -A
$ git commit -m "自由にコメント"
$ git remote add origin リモートリポジトリのsshのURL
$ git push -u origin master

解説

各コマンドを意味を記します。

git init

現在いるディレクトリにgitに必要なファイルを生成させる

git add -A

ファイルをインデックスに追加する

git commit -m "自由にコメント"

追加時のメッセージを書く。
"○○○”に分かりやすいメッセージを書く。

git remote add origin リモートリポジトリのsshのURL

originの後にスペースを入れてから、作成してあるリモートリポジトリのsshのURLをコピペする。

git push -u origin master

ローカルリポジトリからリモートリポジトリにpushする。

エラー

error: src refspec master does not match any.

スクリーンショット 2019-11-15 21.24.53.png
git commit -m "自由にコメント"を忘れている可能性があります。

error: failed to push some refs to

スクリーンショット 2019-11-15 21.29.45.png
私の場合はリモートリポジトリを作成時に、READMEを作成していたのでダブりが原因でした。
git push -f origin masterを実行する事で、強制的にpushすることが出来ます。
-fはフォース、強制力を持つ

2回目以降

$ git add -A
$ git commit -m "自由にコメント"
$ git push origin ブランチ名

ブランチ系

git branch (ブランチを一覧)
git checkout ブランチ名 (ブランチを新規作成)
git checkout -b ブランチ名 (作成済のブランチに切り替える)

ログ系

$ git log (コミット履歴を確認)
$ git status (ファイルの状態[追加/変更/削除]を確認)

その他コマンド

git clone

git clone リモートリポジトリのURL (リモートリポジトリのコピー)
git pull origin mater (ローカル側のmasterを最新状態にする)
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away