Eclipse
SAP

EclipseからのSAP ERPのDB操作

こちらを参考に、EclipseからSAPERPのデータベース操作を行ってみます。

Display database content and run SQL queries

今回は、上記参照元のSTEP.1~8(データ照会)を行います。

前提

EclipseとSAPERPが接続済であること

接続方法についてはこちらを参照

手順

Step 1: Open the Data Preview

メニューよりRun ABAP~を選択
スクリーンショット (698)_LI.jpg

Step 2: Select a database table

私の環境ではsnwd_so_inv_itemにデータが存在していなかったため、毎度おなじみSFLIGHTを指定
スクリーンショット (699)_LI.jpg

Step 3: Data preview

簡単にデータが照会できました。
続いて「列の選択」
スクリーンショット (700)_LI.jpg

Step 4: Select columns

スクリーンショット (701)_LI.jpg

選択した列のみ表示されました
スクリーンショット (702).png

Step 5: Add a filter

次にフィルターを追加
スクリーンショット (703)_LI.jpg

Step 6: Enter filter criteria

スクリーンショット (704)_LI.jpg

スクリーンショット (705)_LI.jpg

Step 7: Open the SQL Console

スクリーンショット (695)_LI.jpg

Step 8: Initial SQL SELECT statement

こんな感じ
スクリーンショット (707).png

おまけで、ちょっとだけイジってみます。
条件を追加して、実行
スクリーンショット (709)_LI.jpg

ちゃんと条件がきいています

スクリーンショット (710)_LI.jpg

まとめ

非常に簡単にデータ照会ができました。
今回は未実施ですが、データの更新もできるみたいです。

Eclipseの操作に慣れるのには、HelloWorldよりこちらからやったほうがいいですね。