Edited at

SAP Cloud Platform Tools for Javaのセットアップ


はじめに

SAP公式ブログを参考に、SAP Cloud Platform(SAP CP)のトライアルをいくつか行ってみたいと思います。

今回は、以下の記事をもとに開発ツールのセットアップを行います。

触ってみよう!SAPのPaaS――第1回:ディベロッパー向けアカウントのセットアップ手順

※上記リンク先の項番3を行います

この記事は2015年5月時点の情報のため、

記事との差分を中心に記述します(2018年1月時点)。

また、2017年2月にサービスの名称変更がありました。

旧:SAP HANA Cloud Platform

新:SAP Cloud Platform

以下、名称変更について

SAP、「SAP Cloud Platform」にクラウドの名称変更。iOS用SDK、IoT対応、仮想マシン、API群など汎用PaaS型クラウドサービスとして訴求へ


環境

Windows10 64bit

(記事のOSはWindows7)


手順

※ここからは、参照元の記事の項番とリンクした内容で記載します


3 開発ツール(SAP HANA Cloud Platform Tools for Java)をセットアップ


①HCP上のWeb開発環境(Web IDE)を利用して開発する。

⇒今回は対象外


②ローカルPCにEclipseベースのツール(HCP Tools for Java)とSDK(Software Development Kits)をインストールし、ローカル開発環境で開発したものをHCP上に展開する。

⇒今回のセットアップ対象はこちら


★差異あり

まず、Eclipse IDE for Java EE Developerの新しいバージョンが出ていました(Oxygen)。

ダウンロードはこちらからできます。

ダウンロードしたZIPファイル名は「eclipse-java-oxygen-2-win32-x86_64.zip」となります。


3.1 JVMのシステム環境変数を設定


★差異なし


3.2 eclipse.iniファイルを編集


★差異なし


3.3 SAP HANA Cloud Platform tools for Javaをインストール

Tipsとして、eclipse.iniファイルの先頭行に下記を追加し~とありますが、追加せずにインストールできました。


★差異あり

Work withフィールドに入力する値が、以下の新バージョンのものとなります。

https://tools.hana.ondemand.com/oxygen」

※今後ABAPに関してもEclipseを使用したいため、以下のプラグインの追加しました。


3.4 SAP HANA Cloud Platform SDKをインストール


★差異なし

Java Web Tomcat 7はダウンロードしませんでした。


3.5 SDKを実行環境にセットアップ


★差異なし


おわりに

待ち時間はありましたが、順調にインストールできました。

引き続き、SAP CPのトライアルを進めていきたいと思います。

はてなブログで経緯などを追記