Help us understand the problem. What is going on with this article?

SAP Cloud Platform Tools for Javaのセットアップ

はじめに

SAP公式ブログを参考に、SAP Cloud Platform(SAP CP)のトライアルをいくつか行ってみたいと思います。
今回は、以下の記事をもとに開発ツールのセットアップを行います。

触ってみよう!SAPのPaaS――第1回:ディベロッパー向けアカウントのセットアップ手順
※上記リンク先の項番3を行います

この記事は2015年5月時点の情報のため、
記事との差分を中心に記述します(2018年1月時点)。

また、2017年2月にサービスの名称変更がありました。
旧:SAP HANA Cloud Platform
新:SAP Cloud Platform

以下、名称変更について
SAP、「SAP Cloud Platform」にクラウドの名称変更。iOS用SDK、IoT対応、仮想マシン、API群など汎用PaaS型クラウドサービスとして訴求へ

環境

Windows10 64bit
(記事のOSはWindows7)

手順

※ここからは、参照元の記事の項番とリンクした内容で記載します

3 開発ツール(SAP HANA Cloud Platform Tools for Java)をセットアップ

①HCP上のWeb開発環境(Web IDE)を利用して開発する。

⇒今回は対象外

②ローカルPCにEclipseベースのツール(HCP Tools for Java)とSDK(Software Development Kits)をインストールし、ローカル開発環境で開発したものをHCP上に展開する。

⇒今回のセットアップ対象はこちら

★差異あり

まず、Eclipse IDE for Java EE Developerの新しいバージョンが出ていました(Oxygen)。
ダウンロードはこちらからできます。
ダウンロードしたZIPファイル名は「eclipse-java-oxygen-2-win32-x86_64.zip」となります。

3.1 JVMのシステム環境変数を設定

★差異なし

3.2 eclipse.iniファイルを編集

★差異なし

3.3 SAP HANA Cloud Platform tools for Javaをインストール

Tipsとして、eclipse.iniファイルの先頭行に下記を追加し~とありますが、追加せずにインストールできました。

★差異あり

Work withフィールドに入力する値が、以下の新バージョンのものとなります。
https://tools.hana.ondemand.com/oxygen」

※今後ABAPに関してもEclipseを使用したいため、以下のプラグインの追加しました。
20180104_01.jpg

3.4 SAP HANA Cloud Platform SDKをインストール

★差異なし

Java Web Tomcat 7はダウンロードしませんでした。

3.5 SDKを実行環境にセットアップ

★差異なし

おわりに

待ち時間はありましたが、順調にインストールできました。
引き続き、SAP CPのトライアルを進めていきたいと思います。

はてなブログで経緯などを追記

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした