Help us understand the problem. What is going on with this article?

独自のimport関数を定義する話

More than 3 years have passed since last update.

この記事は、Perl Advent Calendar 2015の22日目の記事です。

なお、21日目はakihiro_0228によるプロジェクトのユニットテスト用雛形をサクッと作るでした。

最近、use MyModuleの後ろに関数名じゃないものを指定できるモジュールをいくつか使ったり、自分でも作ったりしたので、その時に調べたことをまとめました。

ただし、あんまり使いすぎると黒魔術になっちゃうので、ほどほどが良いようです。

モジュールについて

Perlではモジュールという仕組みが用意されていて、他人が作った機能を自由に自分のプログラムに取り込むことができるようになっています。例えば、Encodeモジュールが提供するencode関数を使いたいときは以下のようにします。

use utf8;
require Encode;
my $text = 'ぱーるあどべんとかれんだー';
print Encode::encode('UTF-8', $text);

いちいちモジュール名を指定するのは面倒ですね。requireではなく、useを使うと関数名だけで実行できるようになります。

use utf8;
use Encode;
my $text = 'ぱーるあどべんとかれんだー';
print encode('UTF-8', $text);

ちょっと短くなりました。

あたかも自分で定義した関数と同じように、Encodeというパッケージ名を指定しなくても別のモジュールの関数が使えるようになりました。これはExporterというモジュールで実現されています。

Exporterモジュール

上記のuseすると関数名だけで呼び出せる仕組みは、Encodeモジュールでは、以下のようにExporterモジュールを使って実現されています。

package Encode;
...
use Exporter 5.57 'import';
...
our @EXPORT = qw(
  decode  decode_utf8  encode  encode_utf8 str2bytes bytes2str
  encodings  find_encoding clone_encoding
);

Exporterモジュールを使うと、@EXPORTというパッケージ変数に関数名を与えておくことで、その関数名がuseされるタイミングで利用者側のパッケージ名に取り込まれ、関数名だけで呼び出せるようにしてくれます。

いくつか使い方が有りますが、通常は以下のように継承して使うことが多いようです。

package MyModule;
use parent qw/Exporter/;
our @EXPORT = qw/func1 func2/;
sub func1 {
}

sub func2 {
}

1;

Exporterモジュールの実装

Exporterモジュールのコードは以下のようになっています。

sub import {
  my $pkg = shift;
  my $callpkg = caller($ExportLevel);
...
  # shortcut for the common case of no type character
  *{"$callpkg\::$_"} = \&{"$pkg\::$_"} foreach @_;
} 

パッケージの解説をゼロから始めると長くなるので割愛しますが、perlはuse MyModule qw/func1/;を実行するタイミングで暗黙的にimportという名前の関数を、qw/.../で指定された内容をパラメータにセットして呼び出すようになっています。

Exporterモジュールを継承しているとimportメソッドが定義されているので、このimportメソッドが呼び出され、関数がエクスポートされるわけです。

独自のimport関数

このようにExporterモジュールを使っても良いですが、自前でimport関数を定義する方法も有ります。

useのタイミングでモジュールの挙動をパラメータによって変えたい時などに使います。

例えばTest::Requiresでは、以下のようにuseで指定するのはエクスポートしたい関数ではなく、テストに必要なモジュール名を指定するようになっています。

use Test::Requires qw/Test::Module/;

これはTest::Requiresimport関数を以下のように定義することで実現されています。

sub import {
    my $class = shift;
    my $caller = caller(0);

    # export methods
    {
        no strict 'refs';
        *{"$caller\::test_requires"} = \&test_requires;
    }

    # test arguments
...
        for my $mod (@_) {
            test_requires($mod, undef, $caller);
        }
...
}

最初にtest_requiresという関数をエクスポートして、その後にパラメータで与えられているモジュールを引数にtest_reuqires関数を呼び出しているのが分かるかと思います。

おわりに

通常はuse MyModuleの後ろはエクスポートしたい関数名を指定しますが、上記のように独自のimport関数を定義してしまえば、何でもできてしまいます。本当にPerlは油断ならない言語ですね!

なお、次はpawaさんによる「青空文庫を支えるPerl言語」です!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした