Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Eclipse編】FuelPHP+ACCON:開発の準備(プロジェクトの作成とリモートデバッグの設定)

More than 5 years have passed since last update.

EclipseからACCONを使用して開発を行うためのプロジェクト作成とリモートデバッグ方法を説明します。

1.PHPプロジェクトの作成方法

1.1. Eclipseの起動

起動

任意のワークスペースを選択してEclipseを起動します。

1.2.新規プロジェクトの作成

プロジェクトの新規作成

メニューの[ファイル]→[新規]→[PHPプロジェクト]を選択します。

【PHPプロジェクト作成情報】
PHPプロジェクト作成情報

  • プロジェクト名:任意のものでOK
  • 内容:既存ロケーションにプロジェクトを作成
    • Windowsの場合
      /c/Users/[ユーザID]/develop/data-volume/workspace/project
    • OS Xの場合
      /Users/[ユーザID]/develop/data-volume/workspace:/develop/workspace/project
  • PHPバージョン:5.5
  • JavaScriptのサポート:On

上の情報を入力後、完了ボタンを押すとプロジェクトの作成は完了です。

作成完了

2.リモートデバッグの設定

2.1.PHPサーバーの作成

2.1.2.PHPサーバーの設定

コンテナ上のサーバーをリモートデバッグするためにPHPサーバーの設定を行います。

PHPサーバーの設定

[ウィンドウ]→[設定]を実行して設定画面を開く。

設定画面の左ペインの[PHP]→[サーバー]を選択し、右の[新規]ボタンを押す。

コンテナのWEBサーバーを新しいPHPサーバーとして登録します。

2.1.2.1.ベースURLの確認方法

Kitematicを実行

Kitematicを実行して、「project-server-01」を起動(停止していた場合は[START]ボタンを押す)
起動後、左ペインの[WEB PREVIEW]をクリックしてブラウザでサンプルアプリケーションにアクセスします。

ベースURL
起動したブラウザに表示されているURLが「ベースURL」です。

2.1.3.Xdebugの設定

デバッガー・タブ

[デバッガー・タブ]を開き、デバッガーをXDebugを選択します。(ポートはデフォルトの9000)

2.1.4.パス・マッピングの設定

[パス・マッピング・タブ]を開き、サーバー上のパストローカルのパスを関連付けます。

パス・マッピング

[追加]ボタンを押して下の2つのパスを設定します。

  • fuelphpのパスを設定
    • サーバー上のパス
      /develop/workspace/project/fuel
    • ワークスペースのパス
      /MyProject/fuel
  • wwwの公開パスを設定
    • サーバー上のパス
      /develop/workspace/project/public
    • ワークスペースのパス
      /MyProject/public

2.1.5.PHPサーバーのデフォルト設定

PHPサーバーのデフォルト

追加されたPHPサーバー「project-server-01」を選択して[デフォルトの設定]ボタンを押します

完了

[完了]を押してPHPサーバーの作成を完了します。

2.2.リモートデバッグ

2.2.1.リモートデバッグの設定

デバッグの構成

[実行]→[デバッグの構成]を実行します。

新規作成

左ペインの「PHP Web アプリケーション」をクリックし[新規]を実行します。

2.2.1.1.サーバー・タブの設定

デバッグの設定

  • 名前:DEBUG_project-server-01(任意の名前でOK)
  • PHPサーバー:先ほど作成した「project-server-01」を選択します。
  • ファイル:/MyProject/public/index.php
  • URL
    • 自動生成:チェックボックスをOff
    • URLの右のテキストボックス:/

2.2.1.2.デバッガー・タブの設定

ブレークポイント

ブレークポイント:[最初の行でブレーク]をOffに設定します。

[適用]ボタンを押した後、[閉じる]ボタンを押して「デバッグの構成」を閉じます。

2.2.2.リモートデバッグの実行

サンプルアプリケーション

サンプルアプリケーションのトップ画面である[/MyProject/fuel/app/classes/controller/welcome.php]を開き、47行目のindexファンクション内の最初にブレークポイントを設定します。(画面の矢印の箇所をダブルクリックするとブレークポイントが設定されます)

デバッグの構成

もう一度、デバッグの構成を開き「DEBUG_project-server-01」を選択後、右下の[デバッグ]ボタンを押しデバッグを開始します。

セキュリティの警告

セキュリティの警告が出ますが開発環境ですので[はい]を押して続行します。

ブレーク

リモートデバッグが開始され、先ほど設定したブレークポイントで、実行が一時停止します。

2.2.2.1.リモートデバッグが開始されない場合

ファイアウォールの設定によりコンテナで実行されているXDebugのポートに接続できない場合があります。

timeout

リモートデバッグ開始後、タイムアアウトが発生するケース。

DEBUG SESSION

リモートデバッグのセッションが接続できないケース。

その場合、ファイアウォールの設定を変更する必要があります。

Windowsの場合、[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[Windows ファイアウォール]から詳細設定を開きます。

ファイアウォール

[受信の規則]からEclipseでブロックされているものをダブルクリックで開きます。

Eclipseブロック

[プロトコルおよびサポート]タブを開きます。

TCP

プロトコルがTCPであることを確認しまし。

接続の許可

接続を許可し[OK]ボタンを押して設定を反映します。

これでコンテナのXDebugに接続できるようになります。

3.開発スタート

これでACCONを利用したWebアプリケーション開発の準備は整いました。

当プロジェクトの内容を変更すれば、即座にコンテナで動いているアプリケーションに反映されます。また、/MyProject/fuel/app/logsには、アプリケーションのログが出力されます。

opst
情報技術と社員力でお客様を成功に導く Make IT Your Success
https://www.opst.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away