Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
15
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

Organization

Rancher2.1で、GitLabとの連携が簡単になったみたいなので、試してみた。

Rancher2.1でGitLabとの連携が簡単になったみたいなので、使い勝手を試してみました。

※今回はGoogle Cloud Platform(GCP)上に環境を構築しています。

  1. Google Compute Engine上のVMにUbuntu16.04を入れてベース環境を構築します。
  2. ベース環境にDockerを導入します。
  3. ベース環境にRancherを導入します。
    docker run -d --restart=unless-stopped -p 80:80 -p 443:443 rancher/rancher:latest
    Screen Shot 2018-10-25 at 23.47.32.png
  4. RancherからClusterを追加 Screen Shot 2018-10-25 at 23.55.14.png Screen Shot 2018-10-25 at 23.55.45.png 3つのNodeを持つ環境が構築されました。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.00.09.png
  5. GitLabのプロジェクト情報を取り込みます。
    DefaultのNamespaceでPiplelinesを選択し、Configure Repositoriesを選択します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.03.46.png Authorize & Fetch Your Own Repositoriesを選択します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.05.32.png GitLabを選択します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.07.10.png GitLabにRancherの画面に表示されていた情報を設定します。
    最初、「Redirect URIって何を設定するんだ?」と思いましたが、Rancherの画面で表示されているRedirect URIをそのまま貼るだけでした。楽ちん。
    必要なScopesはapiだけのようです。 Screen Shot 2019-01-25 at 10.19.21.png Screen Shot 2019-01-25 at 10.22.05.png 取得できたApplication IDとSecretをRancherに設定し、Authenticateを押します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.13.08.png GitLabの認証画面が出ますので、Authorizeを押します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.15.19.png 使用できるRepositoriesが表示されますので、使用するRepositoryを選択してEnabledにします。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.18.51.png
  6. Piplelineを編集します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.20.17.png
  7. Pipelineを実行(Run)します。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.21.34.png 実際に内部で実行されるのはJenkinsです。 Screen Shot 2018-10-26 at 0.40.40.pngScreen Shot 2018-10-26 at 0.48.52.png Screen Shot 2018-10-26 at 0.39.54.png

Kubernetesクラスタを作成した後の動作を動画にまとめましたので、合わせてご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=xEi4Waonno4

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
15
Help us understand the problem. What are the problem?