Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pythonでクリップボードを操作するモジュール「pyperclip」をLinux(Ubuntu)にインストールした時のメモ。

More than 1 year has passed since last update.

Pythonでクリップボードを操作する[pyperclip]というモジュールをインストールしましたが、スッといかなかったのでメモしておきます。

インストール

Python3にインストールしたかったので次のコマンドを実行しました。
pip3 install pyperclip

なにやらおかしい

インポートは問題ないようです。

>>> import pyperclip

クリップボードに”Hello”をコピーてから次のコードで変数[text]にクリップボードの内容を代入します。

## 変数[text]にクリップボードの内容を代入する。
>>> text = pyperclip.paste()

すると、なにやらエラーのようです。

pyperclip.PyperclipException: 
    Pyperclip could not find a copy/paste mechanism for your system.
    For more information, please visit https://pyperclip.readthedocs.io/en/latest/introduction.html#not-implemented-error 

「コピペに必要な仕組みが見つかりません。詳しくはこちらを見てね。」的なことだと思います。(たぶん…)

どうやらLinux版で出るエラーのようで、上記のサイトをGoogle翻訳すると以下のうち1つをインストールする必要があるみたいです。
- sudo apt-get install xsel
- sudo apt-get install xclip
- pip install gtk to install the gtk
- pip install PyQt4 to install the PyQt4

上の2つはインストールするとコマンドラインからクリップボードを操作したり、中クリックでペーストできるようになったりと便利そうなので両方共インストールしましたが、下の2つはインストールできませんでした。

使い方

## クリップボードに”Hello”を代入する。
>>> pyperclip.copy("Hello")

## 変数[text]にクリップボードの内容を代入する。
>>> text = pyperclip.paste()

## 変数[text]の内容を表示する。
>>> text
'Hello'

WindowsやMacOSやiOSの場合

このモジュールはWindowsやMacOSでも動作しますが同じようなエラーが発生することはないようです。

iOSのPythonista3には対応してないのかOSerrorで動作しませんが、より強力な[clipboard]モジュールが標準でインストールされてます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした