Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

JavaScriptのroutingを作ってみた

この記事はJ2complexed Advent Calender 2017 8日目の記事です。

はじめに

会社で婚姻届製作所出生届製作所のサービスに携わってます。
出生届製作所はドラスティックに作り直してJavaScriptをes6で書き直したりしましたが、婚姻届製作所の方はまだそこに手が付かない状態が続いてました。(ただしまだjQuery依存があるので、最終的にはこれもなくしたい)
ようやく最近になってes6へ徐々に移行できつつある中、routingが必要になったので作ってみました。

routingを考える

シンプルに考えて「URLのパスにマッチしたら指定の関数を実行する」で作ります。
他にも(SPAだと特に)queryやhashでroutingしたい場合もあるでしょうが、それはまた今度の機会に。

というわけで作ってみました。

サンプルコード

class Routing {
  constructor(map) {
    const path = location.pathname;
    if(map[path]) this[map[path]]();
  }
  indexFunction() {
    // 中略
  }
  listFunction() {
    // 中略
  }
}

こんな感じで Routing クラスを作ります。
で、実行。

new Routing({
  "/": "indexFunction",
  "/list": "listFunction"
});

keyをパスにして、valueを実行したい関数名にします。
この関数名を Routing クラスに用意します。
で、その関数の中でぐるぐるコードを書くなりすればよいです。
簡単ですねー。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?