Excel
VBA

VBA の演算

演算に使う記号を演算子という歴史的な事情により数学とは異なる記号も用いられる、演算子を使った式には優先順位が定められているがこの優先を変更したい場合は()を利用する。

単項演算子

演算子 意味
+x
-x 

二項演算子

演算結果によって暗黙的に型が変わる事があるので注意が必要である。

演算子 意味
x + y 加算
x - y 減算
x * y 乗算
x / y 浮動小数割算
x \ y 整数割算
x Mod y 剰余
x ^ y べき乗算

比較演算子

結果を論理値で返す、2項のみの比較しか出来ない (ダメな例 10 < b < 20)

演算子 説明
x < y  小なり less than, lt
x <= y 小なりイコール less then or equals, le
x > y 大なりイコール greater than, gt
x >= y 大なりイコール greater then or equals, ge
x = y イコール equals
x <> y ノットイコール not equals

ビット毎の論理演算

演算子 説明
Not x 論理否定
x And y 論理積
x Or y 論理和
x Xor y 排他的論理和

文字列演算

結合演算

"abc" & "123"

Like演算子

Like 演算子

暗黙的変換

文字列型と数値型は別の型であるが式や代入時に自動変換が行われる、これを暗黙的型変換という。 例えば文字列 "False" は式において Boolean の False に変換され評価される。 数字の文字列は数値として評価される。

' 111111111 がポップアップされる
a = "12345679" * 9
MsgBox a