Help us understand the problem. What is going on with this article?

MavenやGradleでProcessingを依存関係に追加する

More than 3 years have passed since last update.

Processing とは

Wikipedia

Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり、統合開発環境である。アーティストによるコンテンツ制作作業のために、詳細な設定を行う関数を排除している。 視覚的なフィードバックが即座に得られるため、初心者がプログラミングを学習するのに適しており、電子スケッチブックの基盤としても利用できる。Java を単純化し、グラフィック機能に特化した言語といえる。

この Processing は、独自のIDEを使った開発ができますが、1つのモジュールとしても使うことができます。
今回は、それを Maven や Gradle の依存関係に追加することで、
IntelliJ IDEA や Eclipse などの統合開発環境でバリバリとコーティングすることを目的とします。

Maven の依存関係に追加

pom.xmldependencies に、以下を追加しましょう。

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>org.processing</groupId>
      <artifactId>core</artifactId>
      <version>2.2.1</version>
    </dependency>
  </dependencies>

最後に、Maven プロジェクトを更新しましょう。

Gradle の依存関係に追加

build.gradledependencies に、以下を追加しましょう。

dependencies {
    compile group: 'org.processing', name: 'core', version: '2.2.1'
}

最後に、Gradle プロジェクトを更新しましょう。

Processing リポジトリの確認方法

Processing の Maven リポジトリは、Maven Central リポジトリにあります。
ですので、ライセンスやバージョン等の確認は こちら から行うことができます。

 ■ Processing のバージョン

  各バージョンのリンクをクリックすることで、詳細情報を確認できます。

 ■ 依存関係の追加方法

  各タブをクリックすることで、各プロジェクト用の記述を確認できます。

m4kvn
戦う女の子とハシビロコウが好きな渋谷のエンジニア。 最近はAndroidアプリ開発とエンジニアの採用がメイン。
https://m4kvn.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした