Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntuでスクリーンショットに強調枠線やモザイク処理をする

More than 1 year has passed since last update.

Qiitaやブログなどへの投稿時にスクリーンショットを撮って、

こんな感じで
image.png
その一部を枠で囲って強調したり、個人情報部を隠したいってことが結構ある。

Windowsであればペイントで簡単にやれるけど、Ubuntuではどうやるんだろう?
てかこれができないと投稿もまともにできねぇ、ってことで調べてみた。

Ubuntuの画像編集ツール

そもそもUbuntuで今回やりたいようなことができるツールが何かさえもわかっていない状態だったので、サクッと調べた。

GIMP

Ubuntuの画像編集ツールといえばコレ的な有名なやつらしい。
機能は充実しているがとっつきにくく、慣れが必要?

Pinta

Pinta.NETと呼ばれる、.NET Framework上で動くものをベースとしているツールとのことで、UbuntuのようなLinux系だけでなく、Win/Macでも使えるらしい。
直感的な操作で編集が行えるツールっぽい。Windowのペイントに一番近い?

Shutter

スクリーンショットの編集に強いツール。
厳密に言うと画像編集ツールではないのかも。

で、どれが良いの?

それぞれ個性があって用途によって得手不得手がありそうなので、
自身の用途によって使い分けるのが良さそう。

    GIMP Pinta Shutter
情報量 多(534,000件) 少(169,000件) 並(456,000件)
機能
操作性
用途 ガッツリ編集 Windowsのペイント程度 スクリーンショットさえ弄れればOK

※情報量については2018/03/27時点で
 ubuntu {ツール名}でググった時の検索結果件数
※Shutterは常用語なので、他の二者よりも関連のない余計なものも多く含んでいるかもしれない

好み次第と言ってしまえばおしまいだけど、今のところはスクリーンショットを編集できれば十分なので、今回はShutterを入れてみる。

Shutterのインストール

Ubuntuソフトウェアを立ち上げて
image.png

検索窓にshutterと入れると該当のツールが出てくるので、
インストールをクリック。
image.png

認証を求められた場合は認証する。これだけで完了。
image.png

Shutterを触ってみる

起動すると、こんな画面が出てくる。
image.png

範囲を選択で範囲を指定してEnterを叩くとスクリーンショットを取ることができて、
image.png

編集をクリックすると、こんな感じの別ウィンドウで編集ができる。
image.png

編集が終わったら保存をクリックすると、セッションタブに保存した画像がいる状態になる。
image.png

image.png

上記で保存した画像をQiitaで使うときは、
セッションタブをクリックして、使用したい画像をコピー、Qiitaの編集画面の本文上にペーストすればOK。
image.png

もっと色んなことができるのだろうけど、現状ではこんな程度がサクッとできれば十分なので一旦ここまで。

m0p1nt
農業ベンチャー企業で主にデータ分析業務をしています。システム周りのことも少し。 アラサー突入ITストラテジスト。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした