zabbix3.0

Zabbix3.0をインストールしてみる

環境

AWSのEC2に作ってみる。
LAMP環境を構築、Zabbixサーバをインストールしていく。
L:RHEL7.3
A:Apache #バージョン未指定
M:MariaDB10.2 #MySQLから変えてみる
P:PHP5.6 #最新7.はZabbix未対応のようなので
バージョンは以下を参考に。
http://www.zabbix.jp/documents/requirements
yumを使っていく。

やってみる

1.リポジトリを登録

・準備
sudo su -
yum -y update
・Zabbix
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm
・EPEL
rpm -ivh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-9.noarch.rpm
・IUS
rpm -ivh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/7/x86_64/ius-release-1.0-15.ius.el7.noarch.rpm
・MariaDB

/etc/yum.repos.d/MariaDB.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.2/rhel7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

2.パッケージインストール

・PHP5.6で(Apacheも)
yum install -y php56u

・Zabbixサーバ
yum install -y zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent zabbix-get
※以前のバージョンから必要なパッケージが変更されている。zabbix zabbix-serverパッケージは指定不要。

・MariaDB
yum -y install MariaDB-server MariaDB-client

3.初期設定

・MariaDB
MySQLサンプル設定ファイルをMariaDB設定ファイルへコピーして編集する
ls -l /etc/my.cnf
ls -l /usr/share/mysql/my-*.cnf
cp -p /usr/share/mysql/my-large.cnf /etc/my.cnf.d/server.cnf

/etc/my.cnf.d/server.cnf
[client]
default-character-set = utf8    ###### 追加 
[mysqld]
character-set-server = utf8     ###### 追加

4.MariaDB起動

・MariaDB
systemctl enable mariadb
systemctl start mariadb
systemctl status mariadb

5.MariaDB初期設定

対話型ツールを使い、ルートユーザパスワード設定、デフォルトのテストDBの削除などを実行する
mysql_secure_installation

Enter current password for root (enter for none):   ###### Enter
Set root password? [Y/n] y   ###### y
New password: ###### パスワード入力
Re-enter new password: ###### パスワード入力
Remove anonymous users? [Y/n] y  ###### y
Disallow root login remotely? [Y/n] y ###### y
Remove test database and access to it? [Y/n] y ###### y
Reload privilege tables now? [Y/n] y ###### y

6.データベース作成

mysql -u root -p
mysql> CREATE USER zabbix;
mysql> CREATE DATABASE zabbix;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'DBパスワード';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit

7.テーブル作成と初期データを投入

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.10/
zcat create.sql.gz | mysql -u root -p zabbix

8.設定ファイル編集いろいろ

・Zabbixサーバ

/etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBパスワードを設定
 DBName=zabbix
 DBUser=zabbix
 DBPassword=DBパスワード

・PHP設定ファイル
タイムゾーンを日本へ
sed -i -e "s/;date.timezone =/date.timezone = Asia\/Tokyo/g" /etc/php.ini

・Apache設定ファイル
タイムゾーンを日本へ

/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
php_value date.timezone Asia/Tokyo   ###### 追記

・SELinuxを無効化
getenforce
setenforce 0

/etc/selinux/config
SELINUX=permissive

9.起動

Apache
systemctl enable httpd
systemctl start httpd
Zabbix agent
systemctl enable zabbix-agent
systemctl start zabbix-agent
Zabbix server
systemctl enable zabbix-server
systemctl start zabbix-server

10.完了!

http:// zabbixサーバアドレス /zabbix
で初期セットアップGUIへログインできます
ID:Admin
PW:zabbix

参考:
MariaDB
https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/