Help us understand the problem. What is going on with this article?

駆け出しのエンジニアにおすすめGitHubを使った勉強の継続方法

More than 1 year has passed since last update.

注意)ポエムです

issueを使って目的の明確化、N日後の自分への引き継ぎ資料を作ろうという内容です。

ターゲットレベル

この記事のターゲットレベルは「gitの操作できるよ!」くらいの人です。
gitってなにって状態の人はgitの勉強を1時間くらいしてから見てください。

背景

昨年からTwitterで駆け出しのエンジニアタグが流行りましたよね。
その1年前に#駆け出しのエンジニアをツイートして生き残っているアカウントは半数以下だと推定されます。(当社調べ1
半数しか生き残れないほど過酷()な分野だと言うことがこの事例かから分かりますよね。

では、なぜ生き残れないのでしょうか?

熱意がなかったから?あきたから?プログラミングが難しいから?時間がないから?

どうしたらいいの?

まずプログラミングが難しいと時間がないを解決しよう

  • プログラミングが難しい 2
    そもそも何から開始したらいいか分からない
    分からないから怖い
    → 作りたいもの/勉強したい項目について細分化してみよう

  • 時間がない
    まとまった時間が取れず、毎日勉強できず何をしていたか覚えてない
    → 勉強した内容に対して見える化しよう

何をしたらいいか明確にして、勉強した内容を見えるかすることでモチベーションアップ

 そこで

「GitHubを使って勉強を継続しよう」という本題に戻ります。

GitHubの使った勉強法

GitHubには様々な機能がありますが、その中でもissueという機能を使って行きます。
issueを使って目的の明確化、N日後の自分への引き継ぎ資料を作成します。
例えば、nodejsを勉強をする場合の例を紹介していきます。

  1. GitHubのリポジトリを作成 image.png
  2. nodejsのアプリを作成するissueを作る
    issueを作ることによって何をしないといけないか明確になる 時間が空いても何をしないといけないか思い出すこと簡単 image.png チェックボックス形式で何をするかさらに明確にするとgood image.png
  3. どうすればいいか検索してissueに書く
    issueに調べたことを書くことで同じサイト2回開くことや1か月後に再度見直すことができる image.png
  4. チェックリストを更新する image.png
  5. 目標を達成!
    image.png

  6. ソースコードをpush
    image.png

  7. issueをcloseする
    image.png

  8. 次のissueを作成する

    image.png
    看板を作ることより見える化できます
    image.png

  9. 3に戻ります
    実装途中に新しい課題が見つかれば新しいissueを作成します

  10. closeしたisuueを見ながらニヤニヤします 3

  • その他
    余力があれば6.ソースコードをpushをプルリクにするのがbest
    ローカルでマージのでもgood
    なにを変更したか後から見直すことができる事が大切

まとめ

本業のポエムが書きたくなってやってしまった後悔はしていない。
GitHubのissueを使ってチケットで見える化して勉強を加速しようという内容でした。


  1. 言ってみたかっただけ 

  2. プログラミングは難しい 

  3. ドヤ顔でも可 

m0121
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした