0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

NSX-T Migration Coordinator 動作検証

VMware NSX-TのMigration Coordinatorの動作検証を実施しましたので、まとめます。(NSX-T Data Center バージョン:3.1.1)

NSX-T Migration Coordinatorとは

2023年にサポートが終了となるNSX Data Center for vSphere(NSX-V)の環境を、NSX-T Data Center(NSX-T)の環境に、同じハードウェア内でのインプレース移行の実施において主に使用される、NSX-Tに付属する自動移行ツール

移行上の制約

移行上の制約については、Docsを確認する必要がある。

  • サポートされていない機能: ESGとToR間の OSPF(Static又はBGPでの再設定が必要)、IP マルチキャスト、IPv6

  • サポートされるトポロジ: 記載のある5つのトポロジ のみ
    ※ 今回は「高可用性と L4-L7 サービスが設定された ESG(トポロジ 1)」を検証

Migration Coordinator を使用したV→T移行の概要

移行の手順は次の通りとなる。
1. 新規のNSX-T環境の作成
2. 移行前の環境の確認、[構成のインポート]
3. [構成の解決]
4. [構成の移行]   
5. [Edgeの移行]   ※GUIによるロールバック対象はここまで
6. [ホストの移行]  
7. 移行の完了 & クリーンUp

1. 新規のNSX-T環境の作成

  • NSX-T アプライアンスを展開し、NSX-T ManagerからコンピュートマネージャにvCenter Serverを登録
  • NSX-T ManagerにSSH接続し(adminユーザ)、コマンドにてMigration Coordinator サービスを開始
nsxmgr> start service migration-coordinator
  • NSX-T Edge用のIP Poolの作成: NSX-Vのホスト用VTEPと、異なるVLAN/IPアドレス範囲の利用とルーティング設定が必要
  • NSX-T EdgeのOVAからの展開:NSX Manager UIではなくOVAによる展開で、ManagerにはコマンドでJoinする必要がある。(IP Poolの設定等は、Migration Coordinator内で実施する)
edge01> join management-plane 172.18.10.61 thumbprint 16fbda4306b88b880070e32ab5f10ae48087015d70e364bb930fa364b6b678d1 username admin

2. 移行前の環境の確認、[構成のインポート]

  • NSX-T Managerより、[システム] > [移行] から [NSX for vSphere] で [はじめに] を選択 image.png
  • [構成のインポート] >[NSX を選択] を選択し、vCenter ServerとNSX-V の認証情報を入力後、[開始] をクリックしてNSX-Vの設定をNSX-Tにインポートする image.png

3. [構成の解決]

  • [構成の解決] にて表示される個別の警告の内容を確認し、対応する(指定が必要な内容の例:Edge Uplink IPアドレス、NSX-T Edge VMの選択、Edge Uplink VLANの指定など)
    image.png

  • 全ての警告について、値の指定や修正等の終了後、[続行]にて [構成の移行]画面に進む
    image.png

4. [構成の移行] 

  • [構成の移行]画面で [開始] を選択し、NSX-Vの構成をNSX-Tに移行する
    ※ 構成の移行時には、ワークロード仮想マシンの通信断は発生しない

  • 構成の移行が完了し [移行状態]で移行の状況を確認し、[続行]を選択して[Edgeの移行]画面に進む
    image.png

5. [Edgeの移行]

  • [Edge の移行]画面で[開始] を選択
    image.png
    ※ Edgeの移行時には、N-S通信が停止する(EdgeがNSX-VからNSX-Tに切り替わる為)
    ※ ToRにて、移行後のNSX-T EdgeのUplink IPアドレスに対するBGPネイバー設定が事前に必要となる

  • Edgeの移行の完了後(数分程度)、[続行]を選択して [ホストの移行]画面に移動

6. [ホストの移行]  

  • ホストの移行時は、いくつか設定が可能: クラスタ単位での一時停止、クラスタ間の連続又は並列実行や、下記のホストの移行モードの選択など
    image.png

  • ホストの移行モードの選択:

    • インプレースモード: ホストはメンテナンスモードに切り替わらず、ホスト実行時にNSX-Vのアンインストール&NSX-Tのインストールが実施される。VからTへの切り替え時に、ワークロード仮想マシンのネットワークは切断(秒単位)される。
    • メンテナンスモード: 自動又は手動でメンテナンスモードに切り替え、NSX-Vのアンインストール&NSX-Tのインストールが実施される。自動か手動かは [構成の解決]で指定した値に基づく。 image.png
  • メンテナンスモードでの実行例: メンテナンスモードに移行したホストは、NSX-V VIBのアンインストールとNSX-T VIBのインストールが実施される
    image.png

7. 移行の完了 & クリーンUp

  • 移行の完了: [終了]をクリックして、移行を完了 image.png
    • 仮想マシンのネットワークは、NSX-VからNSX-Tセグメントに自動で移行される image.png
  • 移行の完了の確認: ホスト&Edgeトランスポートノードの状況の確認を行い、Tier0/1やセグメント、分散FW、Edge FW、NAT等、必要な設定がすべて移行されている事を確認する

  • 移行完了後の作業: NSX-T Managerの追加(クラスタ構成)、NSX-Vコンポーネントの削除(Manager、Controller、DLR、ESG)など

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?