batch
winscp

winscpのスクリプトを使って自動でサーバにソースをコピーする

よく使うので

動かすバッチファイル
以下を変換する
{script path} : スクリプトファイル配置場所

sync.bat
CALL :TEST_SERVER

:END
exit 0

:TEST_SERVER
start winscp /sript={script file}
exit /b

winscpのスクリプトファイル
設定ファイル(config.txt)は環境によって異なると仮定して排除
ソース管理はgitで行っていると仮定して排除
以下を変換する
{serverip} : 配置先IPアドレス
{local src path} : ローカル上のパス
{remote src path} : 配置先のパス

winscp_sync.txt
option batch abort
option confirm off

open scp://user:password@{serverip}
synchronize -filemask="| config.txt; .git/" remote {local src path} {remote src path} -delete -nopermissions
keepuptodate -filemask="| config.txt; .git/" {local src path} {remote src path} -delete
exit

参考
winscp コマンドリファレンス