Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Unity] 1枚の画像を用途毎にサイズを指定して分割したい(SpriteEditor/エディタ拡張)

More than 3 years have passed since last update.
  • 1枚の立ち絵から全身/バストアップ/サムネイル...etc を(Unity内で)切り分けたい

unitychan.png

SpriteEditorを使用して画像を分割する

spriteinspector.png

SpriteEditor

spriteeditor.gif

SpriteEditor: Slice

  • また1枚のSpriteに複数の要素が含まれている場合、右上の [Slice] で自動的に分割可能
  • このとき、既に画像を分割していた場合、解除して新規に分割が行われるので注意
  • Type: Automatic は自動的にSpriteの領域を識別して分割する君
  • Type: Grid By Cell Size は1つのSpriteのサイズを指定し、分割する君
  • Type: Grid By Cell Count はSpriteを何等分するか指定し、分割する君
    • Grid By Cell (Size|Count) は要素が含まれない領域に関してはSpriteが作成されない

autoslice.gif

Editor拡張で指定した画像を指定したサイズに分割する

  • ドラッグで範囲指定する場合、画像毎に大きさがブレやすい
  • かといって、SpriteEditor上で個別に画像の大きさを数値で入力するのは面倒
  • 「一括」で「決められたサイズ」に画像を分割したい

参考

コード

using UnityEditor;
using UnityEngine;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;

public static class SpriteSeparater
{
    // 名称 / サイズの指定箇所
    // 全ての画像で各要素の位置があらかた決まっているのであればX/Y座標も入れておく
    // 任意のConfigファイルに移行して参照するのが良さそう
    public static Dictionary<string, Rect> Name2RectMap = new Dictionary<string, Rect>()
    {
        { "thumbnail", new Rect(0, 0, 500, 500) },
        { "face",      new Rect(0, 0, 800, 800) },
        { "bustup",    new Rect(0, 0, 1500, 1600) }
    };

    // 上部メニュー "Assets/Sprite/Separate" より呼び出せる様にする
    [MenuItem("Assets/Sprite/Separate")]
    public static void SeparateSprite()
    {
        // Selection.objects で現在Projectビューで選択しているファイル群が指定出来る
        IEnumerable<Texture> targets = Selection.objects.OfType<Texture>();
        if (!targets.Any())
        {
            Debug.LogWarning ("Please selecting textures.");
            return;
        }

        foreach (Texture target in targets)
        {
            Separate(AssetDatabase.GetAssetPath(target));
        }
    }

    public static void Separate(string texturePath)
    {
        TextureImporter importer = TextureImporter.GetAtPath(texturePath) as TextureImporter;

        // Update textureType
        importer.textureType = TextureImporterType.Sprite;
        importer.spriteImportMode = SpriteImportMode.Multiple;
        importer.filterMode = FilterMode.Point;
        EditorUtility.SetDirty(importer);
        AssetDatabase.ImportAsset(texturePath, ImportAssetOptions.ForceUpdate);

        // spriteImportMode separate
        SpriteMetaData[] sprites = Name2RectMap.Keys.Select(
            name => new SpriteMetaData
            {
                name = name,
                rect = Name2RectMap[name]
            }
        ).ToArray();

        importer.spritesheet = sprites;
        EditorUtility.SetDirty(importer);
        AssetDatabase.ImportAsset(texturePath, ImportAssetOptions.ForceUpdate);
    }
}

使い方

  • 1枚、または複数の画像を選択し、上部メニュー "Assets/Sprite/Separate" を選択する
  • 指定したサイズでSpriteが分割されているので、ドラッグして任意の位置に合わせる

separate.gif
(実行後、処理終了まで多少時間掛かるので注意)


ユニティちゃんライセンス

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています

unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away