Edited at

GIt


サーバ側での作業


リモートリポジトリの作成

Git Bashを使って、bareリポジトリを作成する。

mkdir /c/git

mkidir /c/git/GitTest.git
cd /c/git/GitTest.git
git init --bare --shared


sshサーバの立ち上げ


  • C:\Bitnami\redmine\git\usr\bin\sshd.exeをクリックする。
     →タスクマネージャーにsshd.exeが出現する。


クライアント側の作業


Gitリポジトリの作成


  • Visual StudioでGitTestソリューションを作成する。

  • SourcetreeでGitリポジトリを作成する。
     ※「次のアカウントでリポジトリを作成」はチェック不要

  • Sourcetreeでコミットする。

  • Sourcetreeでリモートリポジトリを指定する。
     ssh://{windows user}@192.168.11.9:22/c/git/GitTest.git


コマンド

[プッシュ]

1. 初期設定

 git config --global user.name "${name}"

 git config --global user.email ${email}

  git config -l

2. リポジトリ作成

 git init

3. ステージング

  git add test.txt

  git status

4. コミット

 git commit -m "test"

 git log

5. プッシュ

 git remote add origin ${url} // リモートリポジトリの登録

  git remote -v

 git push -u origin master

※origin: リモートリポジトリ

※master: ブランチ

[クローン]

git clone [url]

[プル]

git pull // リモートリポジトリの登録が事前に必要


参考


リモートリポジトリの作成からクローンまで


サーバ側


  • gitインストール

  • gitのuser設定

  • ベアリポジトリ作成

  • sshキー作成

  • sshd起動 ※PC再起動のたびに必要

bat: Git Bashで実行(コマンドプロンプトからではダメ)

/usr/bin/sshd.exe


クライアント側


  • クローン
     git clone ssh://user@ip/remote-path


sshで通信する


サーバ側


  • sshd起動


クライアント側


  • ssh接続
     ssh user@IPアドレス(例: 192.168.214.60)


    • ファイル転送
       scp -r test user@IPアドレス:/c/test