Help us understand the problem. What is going on with this article?

客先常駐SES向け時給シミュレーターを作る(やだ・・・あたしの年収低すぎ・・・?)+転職についての雑記

More than 1 year has passed since last update.

※少々批判的になってしまっていますのでご了承をば

【前置き】

お時間が空いてしまいました。
理由としては引越しを行ったり、会話が通じない自社と不毛な会話したりしていたのですが・・・落ち着いてきたのでアウトプットをば。

前回の客先常駐SES向け限られた環境の中でエンジニアとして成長しようともがく方法(+ブックマークレット作成)がそこそこ好評なようで、皆さんなかなか苦労してるんだろうなぁと。私もその中の一人ですがw

【転職とかについての雑記】

そんな中、私はタイミング的に使用出来なかったですが、こんなサービスが誕生されたので宣伝をば

自社開発限定のエンジニア人材紹介サービス始めます https://axia.co.jp/2018-07-13

詳しくは直接リンクを見て頂きたい所ですが、エージェントや求人サイトとは一味も二味も違う、自社開発オンリー人材紹介サービスです。このサービスを使ってないのでよさを伝える事は出来ませんが、その他二つの駄目さはわかってるつもりなのでそこだけをプッシュしていきたいと思います。

まずエージェントでIT転職したいとなった時、高確率で出てくるのは9割SES自社サービス1割といった割合です(体感)。なぜそんなことになるのかというと二つほど理由があって、日本のIT企業をしめる割合がSESが大半ということがまず一つ、何も考えないと大体SES企業が出て来ます。自社サービス開発を探してますとエージェントに伝えても出て来ます(おい

二つ目がエージェントは人売りが仕事の為、相手の人生について深く考えてくれる方は少ないという事です。その為に技術力は必要なく労働力として働ければOKというSESでは内定が凄まじく出やすくお勧めしてきますが時間の浪費にしかならないので辞めて置きましょう。開発会社はコード掛けないとお話にならない程度にハードルが高いので渋られます。おそらくIT系エージェントにはマニュアルがあって、3年ほどSESで働いたのち転職しましょうと持ちかけるのが常套句になってるような気がします。2社ほどエージェントと会話して同じ流れだったので多分そう。転職した事もない大卒ちょいちょいの方がエージェントとしてこられましたが、それでやっていける程度には完全にマニュアル対応だなぁと感じています、その方も将来困りそうですが・・・。派遣先ガチャ次第ということもありますが私の場合基本片道60分以上、地方に飛ばされたり、マニュアル見てコピペ作業させられたりしました。

そして求人サイトの場合ですが、素人が見てもSESかどうかわからないというものがほとんどです。開発は専門でやっていなくともメイン事業を行っている企業でシステム開発を行っている企業を探したりする必要がありますが非常に困難極まります。(本来そういうのをフィルターしてくれると期待するのがエージェントなんですが役に立った事はありませんw)

で、そんな問題を解消してくれると期待出来るのが上記サービスとなります。ただし、開発企業しかない事と即戦力が必要という事で敷居は凄く高くなっています。その為ボーダーラインに達してるエンジニアが不足しているとの事。いろんな要因が絡み合っているとは思いますが、見込みがあれば自社投資だと考え育成する方向も必要なのかもしれませんね・・・。(即戦力になる)エンジニアが足りないって事は本当だと思います。エンジニアになりたい方はSES企業9割くらいはいるんじゃないでしょうか。

SESが嫌いと断言してる某社長様がSES企業を完全に弾いて行っている為、信頼度がそこらの転職サイトと格が違いますw 残業0のIT企業で検索してツイッターをみて下さい。私からは以上ですw

ちなみに私はSESの下請けであるエージェントが嫌いになりました。エージェントがきちんと自社開発とSESを仕分けてくれてさえいれば上記サービスがなくても問題なかったんじゃないかとうっすら思います。まぁ転職しやすい所に人流す事さえすれば金が入るので仕分けなんて面倒な事エージェントはしないですね。

【本題】

さて、宣伝も終わりましたので本題へ。
皆さんに問い掛けます。あなたの年収おいくら万円ですか?

なぜ聞いたかというと引越しに伴い、通勤時間を極力カッティングしたいと考え、時給と家賃のバランスを調べ、今まで客先常駐でどれほどの時間と金を無駄にしてきたのかと見える化する為に時給シミュレーターを作成しました。

まず前提条件としては前回とほぼ同等です。

・客先常駐
・外部インターネットが使えない。
・Windows(旧版)
・作業自体は楽だったり待ちの時間が多い環境
・開発環境が無い

ぶっちゃけ上記環境で作る必要もないので普通な環境にいる方はWEBフレームワーク使ってWEB向けの言語使ってきちんとしたアプリを作ればいいと思います。

まず結論から以下にソースコードを打ち込みました。
https://github.com/lunalice/html_css_javascript/tree/master/timeismoney
動作確認はWindows端末のIEで動きます。

作っていくらか課題があったのでナレッジとして残します。

・Decimal.js導入できない為、細やかな計算は行われていない。
割り算での丸めがうまくいっておりません。

・DB使ってません。
本当は平均年収とか求める機能を導入してみたかったり。テキストを使ってそれっぽくしてます。

以下、実験。※全て仮データgitにも残してます。
転職を考えるだろうSES30代の平均年収前後(仮)から理想の環境にめぐり合えた場合の変化をざっくりとインプットしてみます。

Befoer
イメージ196.jpg

30歳さん(仮)
時給:2202円
日給:17020円(平均労働時間8.48)
通勤時間(年):571時間(円換算1147449円)
家賃(年):780000
年間損失費:1927449円

残業時間もっとあるだろ!とか細かい突っ込みはさておき時給結構高いなってのが一つ驚く。年収固定でやったので残業増えれば増えるだけ時給が減っていく・・・。二つ目に驚いたのが年間通勤時間。571時間って28日程度移動で消えてる事になりますね。これは非常に無駄です。これが片道70分での結果です。

After
イメージ197.jpg

30歳さん(仮)
時給:2449円
日給:18367円(平均労働時間7.5)
通勤時間(年):163時間(円換算400003円)
家賃(年):660000
年間損失費:1060003円

残業0としましたが、残業なんて最初から換算して計算してるからなくならないんですよ(?)今回は片道20分にしてみましたが、通勤時間だけで年間308時間浮いてます。時給換算で74万ほど浮く計算ですね、その分家賃を高くする選択肢も悪くないという事です。

実験結果からとりあえず通勤時間を減らす位置にあれば、家賃少し盛ってもパフォーマンスでるんじゃないか?ということがわかりました。家賃も安いに越したことはないんですがw

【後書き】

なぜ引越しの話になったのかというと客先常駐で働くと大体1時間~2時間移動時間にとられ、プロジェクトが終わるとまた別の現場に飛ばされるので気軽に引越し出来ない事が上げられます。まずSESを辞め移動時間を削減するだけで自由な時間ができ、自己投資にしてもよし、副業してもよし、趣味に使ってもよし、睡眠時間も確保できる。いい事しかありません。私の知ってる方で年収は聞いてませんが片道2時間掛けて通勤されてる方がいましたが、通勤時間で年間980時間、時給換算で220万くらい損失されてる方がいて年収盛ったとしても300万もないことになるんじゃないかってなってました・・・

さて、時給シミュレーターで自分の価値がある程度可視化され、通勤時間を削減も出来たそこの貴方(?)削減された分はきちんと還元しましょう。それが出来てこそのこの時給シミュレーターです!

今回はここまで、ご清聴ありがとうございました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away