Posted at

.satにもいろいろある : Solidworksで出力した.satファイルがFusion360で開けない理由

More than 3 years have passed since last update.


環境

この記事では、

- Windows OS 7のSolidworks 2015

- MAC OS X Yosemite 10.10.5 のFusion 360

を使っています。


説明

.satの規格にはバージョンがある

詳しくはこちら -> https://en.wikipedia.org/wiki/ACIS

http://www.cadjapan.com/topics/3dcad/140822_data.html

によると、SolidWorksは、R22までの(つまりR22 or older).satファイルのインポートができるが、エクスポートする際のバージョンはR22固定である。

そして、http://forums.autodesk.com/t5/design-validate-document/sat-import-versions/td-p/6228474

によると、Fusion 360が扱えるのは7.0 or olderバージョンらしい。

ここで、7.0よりもR22という規格が新しいってことが問題になる。

という訳で、Solidworksで出力した.satファイルはFusion360で開けない模様。


対処

追加情報として、nativeのSolidWorksファイルはFusion 360でも開けるようである。

よって、Solidworksで編集をした場合は.satに書き出すのではなく、SolidWorksの形式のままにしておき、それを後でFusion 360で読み込んだ上で.satに書き出す、という方法をひとまず提案しときます。


おまけ:中間データについて

異なる3D CAD同士でデータをやりとりする場合、IGESやSTEPというフォーマット(拡張子)のファイルを使う。 = 中間フォーマット。SATもそのうちひとつ。

以前はIGESが中間ファイルとして最も有名でしたが、ISOの標準規格であるSTEPが規格され、IGESよりSTEPがより利用されているようです。 (->http://d-engineer.com/3dcad/filegokan.html)

また、ポリゴンからIGESやSTEPデータを作ることはできない。

無理やり変換しても、空のファイルができるだけ。

なので、一度CAD面に変換する作業が必要。

DXF, OBJ, STLなどはそれぞれ互換性が無い造形用のフォーマットなので、注意。