search
LoginSignup
18
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

R.swift をどうしても Carthage で使いたいあなたへ(改)

R.swift をどうしても Carthage で使いたいあなたへという記事があります。今 CocoaPods との戦いでとても疲れたので、CocoaPods を排除するために R.swift のインストールでとても参考になりました。

今回自分の場合は、理論上、R.swift はビルドタイムで勝手にリソースへのコードを生成してくれるツールであってライブラリーではない、ということは逆にいうとそもそも Carthage ではなく Homebrew で取り込められるはずだと思いました。実際 Homebrew 自身も rswift のインストールのための Formula も公開しているためそのまま $ brew install rswift を叩けば勝手に R.swift がインストールされます。

ところがそれで自動生成されたファイルには結局 import Rswift があったのでビルドで躓いて、そこでググって出てきたのが最初に紹介した記事です。なるほどふむふむ、つまりは R.swift の利用にはどうやら R.swift.Library も必要で、そしてこれは Carthage からでも落とせる、ということですね。

というわけで最終的には Homebrew と Carthage だけで R.swift の導入に成功しました(RswiftDownloader は必要ありませんでした)ので、簡単に手順をまとめます:

  1. Homebrew から rswift の自動生成プログラムをインストールします(Brewfile を利用している場合は brew "rswift" の行を Brewfile に追加し、利用していない場合はそのまま $ brew install rswift のコマンドをターミナルから叩けば OK です)
  2. Carthage で R.swift.Library を導入します(Cartfile に github "mac-cain13/R.swift.Library" の行を追加し、あとは他の Carthage で導入するライブラリーと同じような設定方法で設定します)
  3. 公式のインストール手順の Manually の 2 番から続けます(ただし rswift の呼び出しはそもそも Homebrew によって導入済みなので、"$SRCROOT/rswift" のように呼び出さなくても普通に rswift で呼び出せます)

以上で、R.swift を CocoaPods の代わりに Homebrew と Carthage で簡単に導入できます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
18
Help us understand the problem. What are the problem?