Help us understand the problem. What is going on with this article?

Javascript基礎構文 -1-

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

私が必要だと感じた構文集です。

出力

alert("Hello world!!");
document.write("Hello world!!");

括弧の中に出力したいデータを入れる

コメント

/*
JAVA
SCIPT
*/

// Javascript

/* コメント */となります。一行のときは// コメントでも出来ます。

変数

x = 10;
x = "str";

他のプログラム言語と変わりない。
型は自動で判定してくれる。

配列

var list = ["Apple", "Google"];
alert(list[0]); // Apple
alert(list[1]); // Google

変数名[インデックス番号]で呼び出せます。
インデックスは0から始まります。

入力

num = prompt("Please enter your number.","0");

第一引数に出力させたい値、第二引数に入力欄の初期値

比較演算子

等しい 等しくない より大きい より小さい 以上 以下
== != > < >= <=

条件式に使います
ex) 10==10, 10>5, 7!=0

条件分岐(if)

if (条件式) {処理}
else if (条件式) {処理}
else {処理}

条件式が真のとき処理が行われる

条件分岐(switch)

switch(変数){
case 1: 処理 break;
case 2: 処理 break;
case 3: 処理 break;

default: 処理 break;

case 値: 処理 break; (変数==値)が真のとき処理が行われる。

繰り返し(while)

while (条件式) {処理}
do {処理} while (条件式)

条件式が真の間に処理が行われる。
do whileは必ず一回は処理が行われる。

繰り返し(for)

for (処理A;条件式;処理B) {処理}
for (i=0;i<10;i++) {処理}

分かりにくいので具体例を書きました。
処理Aが最初に一度だけ実行され、それ以降は処理Bが条件式が真の間に実行されます。

continueとbreak

for (i=0;i<10;i++) {
    if (i<7) {
        continue;f
    }
    document.write(i)
}
result
789
for (i=0;i<10;i++) {
    if (i>6) {
        break;
    }
    document.write(i)
}
result
0123456

continue; 後の処理を無視して一番上の処理まで戻ります。
break; 繰り返し処理から抜け出します。

おわり

2時間前に深夜テンションでHelloWorldしたばかりの初心者なので、まだまだ知らないことばかりです。
続きはまたjavascriptに触れるときに書く予定です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away