search
LoginSignup
9

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Raspberry PiにDnsmasqをインストールする

家のネットワーク用にDNSサーバーが欲しくなったのでRaspberry PiにDnsmasqをインストールした。
また、AnsibleでセットアップできるようにRaspbianにDnsmasqをセットアップするplaybookも書いた。

環境

構築したDNSサーバーの次の通り。

  • Raspberry Pi 2 Model B
  • Raspbian Jessie Lite (version: May 2016, Release date: 2016-05-27)
  • Dnsmasq 2.72

ちなみに、Raspbian Jessieのダウンロードサイトに通常のものとLite版があるが、通常のものがデスクトップ用途で約1.3GBあるのに対してLite版は約290MBと1GBほどサイズが小さくなってるので、サーバー用途ならば速くダウンロードできるLite版がおすすめ。

前提条件

Dnsmasqをインストールする前にRaspberry Piをセットアップしてネットワークに接続できるようにしておく。

今回は有線接続・固定アドレスでセットアップした。
Raspbian Jessieでの固定アドレスの設定方法は次の記事が参考になる。

Raspberry Pi に固定IPアドレスを割り当てる方法(Raspbian Jessie)

Dnsmasq

Dnsmasqは小規模ネットワーク向けのDNS・DHCPサーバーで、今回のように簡単にDNSサーバーを立てたい時に適している。

インストール

インストールはapt-getから行う。

$ sudo apt-get install dnsmasq

Dnsmasqの設定

設定は/etc/dnsmasq.confを編集する。

$ sudo vi /etc/dnsmasq.conf

変更するのは次の3箇所。

# ドメイン名がない場合は上位DNSサーバーに転送しない
#domain-needed ← コメントアウトを外す
domain-needed

# プライベートIPアドレスの逆引き要求を上位DNSサーバーに転送しない
#bogus-priv ← コメントアウトを外す
bogus-priv

# ローカルなドメインを/etc/hostsかDHCPでのみ解決する
#local=/localnet/ ← コメントアウトを外して値を変更する
local=/sample.com/

レコードの設定

Dnsmasqではレコードを/etc/hostsに設定する。

$ sudo vi /etc/hosts
...
# 最後にレコードを追記する
192.168.0.10    raspi1.sample.com

動作確認

設定が終わったのでDnsmasqを起動する。

$ sudo service dnsmasq start

今回は動作確認にWindows 10を使う。
まずはネットワークアダプタの設定を変更して、優先DNSサーバーにRaspberry PiのIPアドレスを指定する。

ehternet-property.png

次にコマンドプロンプトを起動してnslookupを実行する。

> nslookup raspi1.sample.com
サーバー:  raspi1.sample.com
Address:  192.168.0.10

名前:    raspi1.sample.com
Address:  192.168.0.10

> nslookup 192.168.0.10
サーバー:  raspi1.sample.com
Address:  192.168.0.10

名前:    raspi1.sample.com
Address:  192.168.0.10

ドメイン名とIPアドレスのどちらを指定しても、レコードとして設定したアドレスとドメイン名が返ってくればOK。

補足:pingで確認すると失敗する

Windowsでpingを使って名前解決を試したら次のようなエラーが出て失敗した。

> ping raspi1.sample.com
ping 要求ではホスト raspi1.sample.com が見つかりませんでした。ホスト名を確認してもう一度実行してください。

調べたらnslookupとpingで名前解決の動作が異なるらしい。

Windows nslookupで名前解決できるのにpingで名前解決できない問題の真相 | Linuxジャパン技術者ブログ

このエラーは上のサイトにあったDNSのキャッシュのクリアで解決した。

> ipconfig /flushdns

Ansibleのplaybook

上に書いたインストールと設定を行うplaybookを参考までに載せておく。

# raspi.yml
- hosts: raspi1
  remote_user: pi
  become: true
  vars:
    dnsmasq_ver: 2.72-3+deb8u1
  tasks:
    - name: install dnsmasq
      apt: name=dnsmasq={{ dnsmasq_ver }} state=present

    - name: setup dnsmasq
      lineinfile:
        dest=/etc/dnsmasq.conf
        backrefs=yes
        state=present
        regexp='{{ item.regexp }}'
        line='{{ item.line }}'
      with_items:
        - regexp: '#domain-needed'
          line: 'domain-needed'
        - regexp: '#bogus-priv'
          line: 'bogus-priv'
        - regexp: '#local=/localnet/'
          line: 'local=/sample.com/'
      notify:
        - restart dnsmasq

    - name: setup hosts
      lineinfile:
        dest=/etc/hosts
        line={{ item }}
      with_items:
        - '192.168.0.10    raspi1.sample.com'
      notify:
        - restart dnsmasq
  handlers:
    - name: restart dnsmasq
      service: name=dnsmasq state=restarted

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
9