google
カンファレンス

GoogleCloudNext in Tokyo '18に参加した


前提

Googleが提供するクラウドサービスの展示会に参加してきたのでレポートを書きました。

非エンジニア向けに社内用に書いたのですが、一部修正して公開します。

GoogleCloudNext in Tokyo '18


GoogleCloudNext in Tokyo '18参加レポート

GCPの対抗馬であるAWSを普段使っている自分がGoogleのカンファレンスに行って感じたことを紹介します。

キーワードは ハイブリットクラウド でした。

Googleは企業にGoogleのクラウドサービスをどう提供できるのかを考えています。

ただ、新規のサービスに比べて既存サービスの方が何十倍も多いのが実情です。

既存サービスはそれぞれに巨大なシステムが存在し、Googleのサービスにリプレイスをするのは余程のメリットがなければ行えません。

そこで、Googleが提案していたのは既存システムとの併用を提供することでした。

多くのセッションでGoogleのクラウドサービスと既存のシステムの併用ついて扱っていました。それがハイブリットクラウドです。


ハイブリットクラウドの一例として提案していたのはGoogleが強みとしている分析ツールのBigQueryを導入する事例です。

分析ツールは基幹システムと分離して考えることができますし、既にある分析ツールと平行運用することも可能です。

昨今のシステムエンジニアはクラウドサービスの特性を見分けて、より最適化されたシステムを組み上げるスキルが求められています。

ウチの会社ではAWS、GCP、オンプレと様々なコンピュータリソース環境が混在しており、そのどれもにメリット・デメリットがあります。

自分の担当だけでなく他のクラウドサービスで何が出来るのかを常にインプットし続けることが重要だと感じました。