Edited at

sublime + venv + pylsで入力補完

More than 1 year has passed since last update.


pylsとは

pylsはpython向けのlanguage-server-protocol (lsp)実装です。

リポジトリはこちら

https://github.com/palantir/python-language-server

lspは簡単に言うとエディタ支援の共通規格みたいなもの?らしいです。


python側の準備

今回はpylsをグローバルではなくvenv環境にインストールします。

python -m venv .venv

. .venv/bin/activate
pip install python-language-server
deactivate


sublime側の準備

まず、sublimeにlspのpackageをインストールします。

Package Controlで下記をインストールすれば完了です。

https://github.com/tomv564/LSP

次に、lspの設定ファイルを編集します。

今回はグローバルにpylsをインストールする訳ではないのでfalseにしてます。

{

"clients":
{
"pyls":
{
"enabled": false
}
}
}

最後に、projectの設定ファイルを編集してpylsを起動できるようにします。


hoge.sublime-project

{

"folders":
[
{
"path": "/hoge"
}
],
"settings":
{
"LSP":
{
"pyls":
{
"command":
[
"/hoge/.venv/bin/pyls"
],
"enabled": true
}
}
}
}

補完が効くようになりました。

image.png