Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Unityアセット冬のアドカレ2019】Low Poly Water GPUを紹介

この記事はUnityアセット冬のアドベントカレンダー 2019 Winter!、15日目の記事になります。

昨日はEilzyさんさんの
「BlackFridayで買ったAssets「Unka the Dragon」と「RTSCamera」について紹介」でした。

概要

本日ご紹介したいアセットはLow Poly Water GPUです。
使い方簡単な低ポリウォーター(GPU)セットです。

Low Poly Water GPU
01.jpg

機能(Google翻訳そのまま):
•GPUウェーブ計算(CPUなし)。
•カスタマイズ可能なウェーブとライティング。
•ショアブレンディング(フォーム)。
•平面反射(VR以外)。
•光吸収。
•影の受信。
•最大4ポイントライト。
•カスタム水メッシュ。
•最適化およびテスト済みモバイル。

とりあえず遊んでみます

先にLow Poly Ultimate PackをUnityに導入し、Low Poly Ultimate Packの水は実行しても動かないまま。
01.gif

一旦島だけSceneに残り、
スクリーンショット 2019-12-14 午後9.12.19.png

Low Poly Water GPU内は4つ違い種類のプレハブがあって、一旦LPWaterPerformanceを入れます。
スクリーンショット 2019-12-14 午後9.16.19.png

プレハブのデフォルトサイズは(x,z)30x30で、小さいです。
スクリーンショット 2019-12-14 午後9.16.52.png

(x,z)100x100を入れて、
スクリーンショット 2019-12-14 午後9.19.20.png

FullHD Viewには満遍になります。
スクリーンショット 2019-12-14 午後9.19.25.png

この状態で実行してみたら、
LPWaterPerformance(gif):
02.gif

ほかの種類も実行

LPWaterFoam(gif):
LPWaterFoam.gif

LPWaterHighQuality(gif):
LPWaterHighQuality.gif

LPWaterShadows(gif):
LPWaterShadows.gif

コンポーネントの使い方法

公式ドキュメントはこちらです。
https://github.com/jolix/Low-Poly-Water/wiki

公式ドキュメントはGoogle翻訳で簡単に読めますので、この記事は主にメイン箇所だけピックアップします。

プロパティ:Grid Type
スクリーンショット 2019-12-14 午後9.19.20.png

  • Hexagonal(六角形):六角形の水平面を生成します。
  • Square(正方形): 正方形の水平面を生成します。
  • Hexagonal LOD(六角形のLOD):LODオプションで六角形の水平面を生成します。
  • Custom(カスタム):カスタムメッシュを使用できるようにします。

プロパティ:Enable Reflection
スクリーンショット 2019-12-14 午後10.38.07.png

  • 平面光の反射を有効にします。

スクリーンショット 2019-12-14 午後10.40.59.png
Enable Reflectionを付けたら、石の反射ができてました(ほかのは黒くて、違いさが区別できない(汗)...)。

プロパティ:Waves
Shaderのところで、波の速度、密度など自由にカスタマイズできます。
スクリーンショット 2019-12-14 午後10.58.05.png

Wavesのデフォルト(gif):
04.gif

他には屈折、ライティング、深度など細かく設定でき、カスタマイズによって湖や川っぽいも作れます。

湖っぽい(gif)
06.gif

川っぽい(gif)
05.gif

最後

あくまで入門ぐらい程度でこの記事を書きました。興味ある方は是非Storeへ見てください。

明日はさとやんさんの「IntroLoopで簡単にイントロ付きループBGMを作る」です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした