Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

vcpkgとCMakeで簡単にtesseract-ocr

More than 1 year has passed since last update.

Visual Studioでtesseract-ocrを利用したかったのですが、頑張ってもなかなかビルドが出来ませんでした。
ところがvcpkgを使用するとtesseractがあっさりビルドでき、簡単に導入できるようになりました。

以下を参考にさせていただきました。ありがとうございます。
https://qiita.com/jugemjugemu/items/fcb72bdca13dc06b0f37
http://whoopsidaisies.hatenablog.com/entry/2014/11/12/003100
https://qiita.com/RivaleDgg/items/1085e570f0662918b16c
http://tecsingularity.com/opencv/opencvcontrib/

とあえず、tesseractをOpenCVと一緒に64bitでビルドして使えるようにしてみます。

各種準備

Visual Studio 2017 (Visual Studio 2015 ではtesseractのビルドに失敗します)
vcpkg
OpenCV 4.0
opencv_contrib 4.0.0

上記4点が必要になります。

vcpkgからtesseract-ocrの導入

  1. Githubから落としてきたvcpkgを展開して、「bootstrap-vcpkg.bat」を実行。
  2. 以下の管理者権限でコマンドを入力し、tesseractをインストール。
  3. しばらく待つ(私の環境では30分程度・・・)
  4. エラーが出なければ完了。
vcpkg install tesseract:x64-windows

※私の環境ではシステムロケール(Windowsの表示言語)を変更しなくても問題は無かったです。
※x64-windows-staticではOpenCVのビルドで失敗するのでx64-windowsでインストール。
※Visual Studio 2015ではインストールに失敗します。(icuのインストールで失敗?)

OpenCVのビルド

「C:/tesse」フォルダへ各種ファイルを展開、「C:/tesse/tesse-ins」へビルドする設定。

  1. OpenCVとopencv_contribを展開。

  2. CMake-GUIを起動。

  3. 「Where is source code」にOpenCVを展開したさきの「/sources」を設定。ビルド先も設定

  4. 「Configure」をクリック。「Visual Studio 15 2017 Win64」を指定して「Finish」
    1.jpg

  5. 「OPENCV_EXTRA_MODULES_PATH」に「opencv_contrib」を展開した先の「/modules」を設定。「Configure」をクリック。
    2.jpg

6.「Lept_LIBRARY」「Tesseract_INCLUDE_DIR」「Tesseract_LIBRARY」へvcpkgの「/installed」を指定。
3.jpg
※オプションは適当に指定してください。個人的には「BUILD_opencv_world」をONに。
※「Tesseract_INCLUDE_DIR」に「/tesseract」まで入力するとビルドに失敗します。

  1. 再度「Configure」して「Generate」。「Open Project」

  2. VS2017が起動するので、ビルド>バッチビルドからALL_BUILDとINSTALLを指定してビルド
    4.jpg

9.気長に待つ(CUDAを入れたりすると一晩くらい?)。エラーが出なければ完了。

ちょっと使ってみる

  1. tesseractを使用するには、vcpkgの「\installed\x64-windows\bin」以下にあるdllも必要。環境変数にここも含めるか、丸々コピーして使ってください。当然opencv_world400.dllも。
  2. 追加の依存ファイルは「BUILD_opencv_world」をONにしていれば「opencv_world400.lib」のみでOK。
  3. Tesseract at UB Mannheim に4.0.0のビルド済み.exeと学習済みモデルがあるので落としてインストール。
  4. whoopsidaisies's diaryさんの2014-11-12の記事を参考に以下のコードでこんな認識率でした。
#include <opencv2/dnn.hpp>
#include <opencv2/imgproc.hpp>
#include <opencv2/highgui.hpp>
#include <opencv2/core/utils/trace.hpp>
#include <opencv2/text.hpp>
#include <fstream>
#include <iostream>
#include <cstdlib>
#include <string>
using namespace cv;
using namespace cv::dnn;
using namespace std;

CString Utf8ToCString(const std::string& utf8)
{

    INT bufsize = ::MultiByteToWideChar(CP_UTF8, 0, utf8.c_str(), -1, NULL, 0);
    WCHAR* utf16 = new WCHAR[bufsize];

    ::MultiByteToWideChar(CP_UTF8, 0, utf8.c_str(), -1, utf16, bufsize);

    CString ret(utf16, ::wcslen(utf16));
    delete[] utf16;

    return ret;
}

void CdnntestDlg::OnBnClickedButton2()
{
    // TODO: ここにコントロール通知ハンドラー コードを追加します。
    CString         filter("JPEG Files (*.jpg;*.jpeg)|*.jpg; *.jpeg||");
    CString filepath;
    CFileDialog     selDlg(TRUE, NULL, NULL, OFN_HIDEREADONLY, NULL);
    if (selDlg.DoModal() == IDOK)
    {
        filepath = selDlg.GetPathName();
        UpdateData(FALSE);
    }

    CStringA stra;
    stra = filepath;

    std::string filep = stra.GetBuffer(0);


    // 画像読み込み
    auto image = cv::imread(filep);
    // グレースケール化
    cv::Mat gray;
    cv::cvtColor(image, gray, COLOR_RGB2GRAY);
    // 文字認識クラスのインスタンス生成
    auto ocr = cv::text::OCRTesseract::create("C:\\opencv-tesse\\tessedata", "jpn");

    std::string text;
    std::vector<cv::Rect> boxes;
    std::vector<std::string> words;
    vector<float> confidences;
    // 文字認識の実行
    ocr->run(image, text, &boxes, &words, &confidences);

    CString strres,res;
    std::vector<cv::Point> p1;
    std::vector<cv::Point> p2;

    for (int i = 0; i < boxes.size(); i++)
    {
        strres.Format("%-10s | (%3d, %3d) | (%3d, %3d) | %f\n", Utf8ToCString(words[i].c_str()),boxes[i].x, boxes[i].y,boxes[i].width, boxes[i].height,confidences[i]);
        res += strres;
        res += _T("\r\n");

        cv::Point first = { boxes[i].x, boxes[i].y };
        cv::Point second = { boxes[i].x + boxes[i].width, boxes[i].y + boxes[i].height };
        p1.push_back(first);
        p2.push_back(second);
    }

    for (int i = 0;i < p1.size();i++)
    {
        cv::rectangle(image, p1[i], p2[i], Scalar(0, 0, 0), 1, 8);
    }

    imshow("Image", image);
    edit1.SetWindowText(res);

    CString showtext;
    showtext = Utf8ToCString(text);
    showtext.Replace(_T("\n"), _T("\r\n"));

    edit2.SetWindowText(showtext);
}

res1.jpg

最後に

VS2017さえ導入すれば鬼門のtesseractのビルドがvcpkgで簡単にできるので、ものすごく楽です。
Githubから落としたtesseractをビルドしようとすると・・・私には一週間かけても出来ませんでしたorz
CPPANとか何故か失敗しまくりでLeptnicaすらちゃんとビルド出来なかったよ・・・

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away