LoginSignup
6

More than 5 years have passed since last update.

Gem::RemoteFetcher::FetchError: SSL_connect

Last updated at Posted at 2015-02-21

bundle install でエラー。これ何度もはまってる(T_T)
ruby2.3系でも同じエラーでハマった…
ここが詳しい⇒ RubyInstallerでRuby2.1系を入れた後にRubygems証明書を入れ替えずにgemコマンドを使えるようにする

>bundle install
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/.........
Resolving dependencies...
Using rake 10.4.2

エラーはこれ

Gem::RemoteFetcher::FetchError: SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read server certificate B: certific
ate verify failed (https://rubygems.org/gems/faker-1.1.2.gem)
An error occurred while installing faker (1.1.2), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install faker -v '1.1.2'` succeeds before bundling.
Gemfile
source 'https://rubygems.org'
# ruby '2.0.0'
ruby '1.9.3'
#ruby-gemset=railstutorial_rails_4_0

gem 'rails', '4.0.5'
gem 'bootstrap-sass', '2.3.2.0'
gem 'sprockets', '2.11.0'
gem 'bcrypt-ruby', '3.1.2'
gem 'faker', '1.1.2'

解決: 正しい証明書ファイルに置き換える

※詳しい方法はこちら。
http://qiita.com/shimoju/items/394818b4989b94680aaf

概略:
1. 以下のStep1からAddTrustExternalCARoot-2048.pemというファイルをダウンロードしてくる。
https://gist.github.com/luislavena/f064211759ee0f806c88#step-1-obtain-the-new-trust-certificate

2.ダウンロードしたファイルをssc_certsというフォルダーにコピーする。

C:\RailsInstaller\Ruby2.1.0\lib\ruby\2.1.0\rubygems\ssl_certs

※どうやっても全然解決しないと思ったら、rubygems直下に置いていたということがあったので、パスには十分注意すること。

以上。

そうすると、以下も成功するようになるし、bundle install も成功するようになる。

>gem update --system

実はこれをやっても解決しないこともあった… ※RailsIntaller(Ruby2.2版)
そんな時には緊急避難的対処を…

https ⇒ http に

Gemfileの1行目、httpshttp に変更すれば、bundle install には成功するようになる。

Gemfile
source 'http://rubygems.org'

※すぐに元に戻しておいたほうがいいと思う。

あと、ホームディレクトリの .gemrc に記載されている、https://...の行を削除すれば、gem install なども成功するようになる。

.gemrc
---
:backtrace: false
:bulk_threshold: 1000
:sources:
- http://rubygems.org/
- https://rubygems.org/   ← ★この行を削除
:update_sources: true
:verbose: true
install: --no-document
update: --no-document

※すぐに元に戻しておいたほうがいいと思う。

参考:
http://d.hatena.ne.jp/iishun/20120423/1335200728

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
6