Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Machine Learning

More than 1 year has passed since last update.

■Amazonではどんなサービスがあるのか?

サービス名 詳細
Amazon Robotics 倉庫の物流を自動化し改善する
Amazon Go レジのないコンビニを機械学習の力で実現
Amazon PrimeAir 無人でドローンで物を配達する
Amazon Echo 音声型インタフェース

■AWSが提供する機械学習サービススタック

サービス名 詳細
Services 既にAWSが学習済みの機械学習サービスをAPIで提供
Platform  機械学習のマネージドサービスもしくはデータ分析のマネージドサービス
Frameworks&Infrastructure  機械学習その物を一から構築

スクリーンショット 2018-11-20 20.44.37.png

Services

サービス名 詳細
Amazon Rekognition 静止画、動画の認識サービス
Amazon Polly  テキストを音声に変えるサービス
Amazon Translate 多言語翻訳サービス 

Platform 
Amazon SageMaker: 開発者が、容易に機械学習モデルを構築・学習・活用
スクリーンショット 2018-11-20 21.00.38.png

*現在米国のみ
AWS DeepLens:より人間の脳に近い深層学習(ディープラーニング)の開発を加速するためのカメラデバイス
スクリーンショット 2018-11-20 21.05.08.png

Frameworks&Infrastructure 
・NADIA Tesia V100 GPUs
・AWS Deep Learning AMI

■機械学習の一歩
自社が保有するデータアセットは、AWSの機械学習のサービスを活用することで、ビジネス上の新しい価値を生み出すかもしれません。まずは、営まれているビジネスからデータアセットの整理を!

■機械学習における4つのプロセス
問題定義→データ整備→モデリング→アプリ実装 を繰り返していく。

参考:アマゾンの事例に学ぶ機械学習の活用とプロジェクト成功のポイント

問題定義
・課題認識→解決策の仮説→成果の明確化
機械学習で何かできないかではなく、あくまでビジネス課題の視点から導入を考える。
そして、機械学習を利用した方がいいのかという点で見極めていく。

データ整備
・データの確認→サンプル検証→データの分割
データが本当に揃っているかは専門家と検証する。(データは多いほうがいい。)

モデリング
・モデルの評価→特徴量の設計
適合率と再現率はトレードオフになる。(A→B B→A どちらを減らしていくのか?どちらかを犠牲にし、精度をあげる。)
必要な項目と必要でない項目を見直し、補正していく。

アプリケーション実装
A/Bテスト→実装とモニタリング
結果次第では機械学習だけの実装にせず、ルールベースを追加することで効果が上がることもある。
モニタリングを元に改善していく。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away