Posted at

DNSレコード

レコード種別
詳細
意味

SOA
Start of Authority
権威DNSサーバがで使う対応表(ゾーンファイル)の中身で、ゾーン(管理する範囲)に関する情報あれこれが書かれている行のこと。

NS 
Name Server
「このドメインのことはこっちで聞いてね」他のネームサーバを指定して対応を委ねる。サブドメインの問合せ用。
(例) apple.com. NS ns.apple.com. 

A 
Address
「このドメイン名はこのIPアドレスだよ」
(例) apple.com. A 17.149.160.49 

PTR 
Pointer
「このIPアドレスはこのドメインだよ」Aの逆。
(例) aaa.bbb.ccc.ddd.in-addr.arpa. 86400 IN PTR ns.example.com. 

CNAME 
Canonical NAME
「このドメイン名とこのドメイン名は同じだよ」と教えてあげる書き方。
(例) www.apple.com. CNAME apple.com. 

MX 
Mail exchange
メール用。「このメルアド(「@」より後を書く)のサーバはコレだよ」
(例) apple.com. MX(10) mail.apple.com. 
メールサーバが複数あるなら優先度を設定。MX後のかっこ内は優先度↑ 20、30と増えるほど優先度が下がる、注意:「MXレコード」は「Aレコード」とセットで設定。単独ではNG。 

TXT 
text strings
SPFレコード(Sender Policy Framework)とかSenderIDとも呼ばれ「なりすましメール」を防ぐのに使われる。「IN TXT」でTXTレコード宣言をして “” 内にサーバ情報などを書く。
(例) IN TXT “v=spf1 a:example.com ~all” 

AAAA 
クワッドエーレコード
IPv6アドレス用のAレコード。