Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
14
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

AWS 耐障害性と高可用性

耐障害性の向上1

別リージョンや別AZにバックアップを取得保管する。
スクリーンショット 2019-05-04 19.13.34.png

耐障害性の向上2

別リージョンや別AZにスタンバイ構成をとっておき、即座にフェイルオーバーできるようにする。
スクリーンショット 2019-05-04 19.14.32.png

高可用性の設計を考えるポイント

目標復旧時間(RTO: RecoveryTime Objective)
「どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ない?」の目安
目標復旧時点(RPO: RecoveryPoint Objective)
「いつ時点のデータを復旧できれば何とかなる?」

耐障害性
アプリケーションに組み込まれた冗長性
復元可能性
障害、災害発生時におけるサービス復旧にかかる機能など
拡張性
設計において、スケーラビリティを以下に確保するのか

トレードオフ
可用性を高めると、コストは高くなり、構成も複雑になるので、うまくバランスを調整する。

単一障害点の排除1

ELBを利用したマルチAZ構成にする
スクリーンショット 2019-05-04 19.31.29.png

単一障害点の排除2

マルチAZでマスタースレーブ構成にし、リードレプリカで軽減する。
スクリーンショット 2019-05-04 19.33.11.png

障害復旧モデル

DR構成 説明
バックアップ&リストア バックアップデータを別リージョンに保存しておき、DRサイト側レプリケーション。DR時はバックアップからシステムを復旧する。
パイロットライト DRサイト側でスペックの低いスタンバイDBをたて、通常時はデータ同期のみ行う。DR時はDRサイト側でAPを起動、DBをスケールアップし、復旧する。
ウォームスタンバイ DRサイトでスペックの低い構成を常時起動。DR時はサーバーをスケールアップし、DNSの名前解決先をDRサイト側に切り替え、復旧する。
マルチサイト DRサイトで完全に同スペックの構成を常時起動。DR時はDNSの名前解決先をDRサイト側に切り替えるのみで、短時間で業務復旧。

上記のような例があげられますが、重要な要件をどこにおくかによる。
例えば、コスト最適化に重点をおくのであれば、「バックアップ&リストア」になるだろう。
ダウンタイムをもっとも短くするのであれば、「マルチサイト」となる。

image.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
14
Help us understand the problem. What are the problem?