Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon ECS - EC2クラスターの作成(AWS CLI)

AWS CLIを利用しての作成手順メモです。コンソール画面と照らしあわせて確認していくとイメージがつきやすいです。
Amazon ECS のサービスは利用はしていません。
最後に環境を削除する場合ですが、ECSクラスターを削除してもECSインスタンスは起動したままとなりますので、ご注意ください。ECSからECSクラスターの削除とEC2からECSインスタンスの削除をしてください。

1.ECSクラスターの作成

aws ecs create-cluster --cluster-name MyCluster

2.ECSインスタンスの起動と確認

リージョンは、ap-northeast-1 で作成しますので AMI IDは ami-067f3b20190d6bf4f を指定。
IAMロールは、ecsInstanceRole を指定。

コンテナインスタンスはデフォルトのクラスターで起動されます。先程作成した「MyCluster」のクラスターを起動させるようにします。

#!/bin/bash
echo ECS_CLUSTER=MyCluster >> /etc/ecs/ecs.config

その他詳細については下記ページを参考。
Amazon ECS コンテナインスタンスの起動

起動したECS インスタンスが、【1.クラスターの作成】で作成したECSクラスターにあるかと詳細情報を確認しておく。

aws ecs list-container-instances --cluster MyCluster

aws ecs describe-container-instances --cluster MyCluster --container-instances container_instance_ID

3.タスク定義の作成と実行

task作業フォルダを作成しておく。

mkdir task
cd task

タスク定義を作成する。

sleep360.json
{
  "containerDefinitions": [
    {
      "name": "sleep",
      "image": "busybox",
      "cpu": 10,
      "command": [
        "sleep",
        "360"
      ],
      "memory": 10,
      "essential": true
    }
  ],
  "family": "sleep360"
}
aws ecs register-task-definition --cli-input-json file://$HOME/task/sleep360.json

作成済のタスク定義を確認する。

aws ecs list-task-definitions

タスクを実行する。

aws ecs run-task --cluster MyCluster --task-definition sleep360:1 --count 1

実行されているタスクを確認する。

aws ecs describe-tasks --cluster MyCluster --task task_ID

リンク

Amazon ECS

leomaro7
AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト AWS 認定 デベロッパー – アソシエイト AWS 認定 クラウドプラクティショナー
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした