Help us understand the problem. What is going on with this article?

Telegram botをAWS Lambdaでやってみた

Leoです。
この記事は Wanoグループ Advent Calendar 2019 の22日目の記事になります。

Telegramのアプリにserverless botの機能を追加しました。
現在僕は複数のメッセンジャを使っています。
Lineにはbotを簡単に追加できますが、今回初めてTelegramのアプリに入れる必要があったので、この記事をメモとしても書きました。

Telegramのbotの実装には基本的に4ステップがあります。

  1. Botの登録
  2. AWS lambdaの登録
  3. AWS API Gatewayのendpointを追加
  4. EndpointをTelegramにwebhookとして登録

Botの登録

Lineと違って、Telegramのbot登録やbotの操作はアプリ内でできます。(Lineの場合、Developerのページでやります)

TelegramのアプリにBotFatherっていうアカウントを検索します。

screenscreenshot_20191222-223346__02.jpg

BotFatherとのチャットに'/newbot'のコマンドで新しいbotを登録します。
登録が始まったら、botの名前とかuser_idを登録します。

screenshot_20191222-223327__01.jpg

登録は完了したらbotのAPIにアクセスする時に必要なtokenが発行されます。secret tokenのため、安全なストレージに保存しましょう。
このチャットでbotの設定の更新もできます。

Lambdaの登録

Lambdaを登録します。今日はAWSのコンソールでの登録を説明します。
今回http requestしか使わないのでデフォルトのNodejs環境で実装しますが、GoやPythonなどの環境でも簡単に実装できます。
Screen Shot 2019-12-22 at 22.55.50.png
Lambdaの中に以下のことをやっています。
1. Webhookのイベントを受け取っている
2. Webhookのリクエストのパラメータからmessageのtextを取得している
3. TelegramのAPIを叩いてチャネルに返信してる

上の3つの機能が含まれている以下のコードをLambdaのindex.jsに入れる。

const https = require('https');

const BOT_TOKEN = process.env.BOT_TOKEN
const URL = "https://api.telegram.org/bot" + BOT_TOKEN + "/sendMessage?";

exports.handler = function(event, context, callback) {
    
    let text = 'Echo: ' + event.message.text;
    let chatId = event.message.chat.id;
    let replyUrl = URL + 'text=' + text + '&chat_id=' + chatId;
    
    https.get(replyUrl, (res) => {
        console.log("Got response: " + res.statusCode); 
        callback(null, res.statusCode)
      }).on('error', (e) => {
        console.log("Got error: " + e.message); 
        callback(Error(e))
      })
};

Telegramのチャネルにメッセージの送信は単純なGETでできます。
LambdaのEnvironment variableにBOT_TOKENを定義する必要があります。

最後に'保存'押して、Lambdaの登録は完了です。

APIの登録

BotのWebhookになるAWS API GatewayのREST APIを登録します。

1.png

新しいAPIを登録します。
2.png

Resource/PathをCreate Resourceで指定します。
3.png

4.png

TelegramのWebhookはPOSTで通知するので、Create MethodでPOST指定します。
5.png
6.png

HTTP Methodを指定したら、APIと前に登録したLambdaを結びつくためにIntegrationに用意したLambda名を入れます。そうするとこのAPIはトリガーとして登録されます。
7.png

後はステージ名を振ってAPIをデプロイするだけです。
8.png

今回はステージ名を'test'にしました。
9.png

APIをデプロイしたらページの上に'Invoke API URL'が以下のように表示されます。

https://fiXXXX1oe.execute-api.us-east-2.amazonaws.com/test/

これはまだWebhookのURLではありません。最後の'test'はステージ名になります。
このURLの後ろにAPIのpath(今回は'bot-test')を付けるとWebhookのURLになります。

https://fiXXXX1oe.execute-api.us-east-2.amazonaws.com/test/bot-test

Webhookの登録

最後にAPI Gatewayに登録したURLをTelegramにWebhookとして登録しましょう。
そのために以下のTelegramのAPIを使えます。

https://api.telegram.org/bot<BOT_TOKEN>/setWebHook?url=<WEBHOOK_URL>

<>のところをそれぞれ入れてGETリクエストを叩きます(ブラウザからでもOK)

https://api.telegram.org/bot1001745750:AAFDXkXXXXXXXXXXXXXXXXXXX4kqp0Mto/setWebHook?url=https://fiXXXX1oe.execute-api.us-east-2.amazonaws.com/test/bot-test

以下の返信が来ます。

{"ok":true,"result":true,"description":"Webhook was set"}

これでBotの基本的な実装は終わりです。
Telegramでbotを検索して、チャネルに書いてみるとEchoされます。
10.jpg

 終わりに

もちろんこのbotは例として作りました。LambdaがトリガとしてAWSの色々なサービスに広げることもできます。DBにアクセスやSFNをキックすることなどできます。

Lineのbotと比べてTelegramのbotのAPIはシンプルで、serverlessなbotは誰も作れるって感じでした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした