Posted at

yarnとは

代表的なnode.jsのパッケージマネージャにnpmyarnがあります。

npmよりyarnの方が良い! と書いてある記事を何回か見かけたので、今回はyarnについてまとめてみました。

npmについては以前の記事でまとめています。


npmとは -Qiita



yarnとは


  • JavaScriptのパッケージマネージャ

  • 2016年にFaceBookが公開した

  • npmと互換性がある = 同じpackage.jsonが使える


yarnのメリット



  • npmよりインストールが速い


    • 約半分になる場合もあるそう




  • npmより厳密にモジュールのバージョンを固定できる



    • yarn.lockファイルで、各パッケージのインストールバージョンを固定できる。




  • npmと一緒に使える


    • npmと同じのpackage.jsonが使えるため、同一プロジェクトでnpm or yarnで固定しなくて良い。




yarnの使い方


yarnのインストール

ターミナルで以下のコマンドでインストール。

sudo npm install -g yarn


package.jsonの生成

パッケージを一括管理できるpackage.json。

プロジェクトにまだpackage.jsonがない場合、以下のコマンドで生成できる。

yarn init

npmではnpm initだった。


yarnでパッケージをインストール

package.jsonに記載されたモジュールをインストールする。

yarn

npmではnpm installだった。yarnはyarnだけ。短いね。


パッケージの追加

以下のコマンドでパッケージのインストールとpackage.jsonへの追加ができる。

yarn add [パッケージ名]

npmではnpm install --saveだった。


パッケージのアンインストール

yarn remove

npmではnpm uninstall


その他


devDependencies

yarn add [パッケージ名] --dev


グローバルインストール

yarn global add [パッケージ名]


まとめ

使いやすそう。今後はyarnでいいかも。