Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dockerでコンテナ環境簡単構築

More than 1 year has passed since last update.

Dockerでコンテナ環境簡単構築

1. Dockerとは?

1.1. Dockerとは?

DockerでGitbucketやjenkinsを簡単に導入しDevOps環境を構築するため、今まで手つかずであったDockerを導入してみました。

まず、Dockerとは、インフラ関係やDevOps界隈で注目されている技術の一つで、コンテナ型の仮想環境を作成、配布、実行するためのプラットフォームです。
コンテナ型の仮想環境は、

仮想マシンでは、ホストマシン上でハイパーバイザを利用しゲストOSを動かし、その上でミドルウェアなどを動かしますますが、Dockerのコンテナはホストマシンのカーネルを利用し、プロセスやユーザなどを隔離することで、あたかも別のマシンが動いているかのように動かすことができます。

ハイパーバイザ、ゲストOSは必要ないため、軽量で高速に起動、停止などが可能となっています。

最初は、DockerのLinuxコンテナを使った軽量なアプリケーション実行環境でしたが
「Docker for Windows」「Docker for Mac」などもリリースされており
気軽にコンテナ環境を構築することが出来るようになっているようです。

1.2. Dockerイメージとは?

Dockerではアプリケーションと実行環境をまとめてパッケージ化したものをDockerイメージと言い、それをリポジトリで公開・配布しているものを利用することで簡単に環境を構築可能としている。また、自分の使いやすい実行環境を自分で構築し、イメージ化することも可能となる。

Dockerイメージは、イメージファイルの互換性が高く、どこのDockerホスト上でも動作できることが強みだそうです。

Dockerイメージには、アプリケーションと実行環境をまとめてパッケージ化するのが一般的ですが、中にはOSや言語環境、フレームワーク等の環境もあるので、まずなにかやってみたいと思った時にDockerイメージがあればそこから始めるのも一つの手段としていいだろう。

Docker社の認定Dockerイメージ

2.Docker環境の構築

何はともあれ、まず手を動かして構築したみたいと思います。

2.1.環境

今回、用意した環境は以下となります。

CentOS : 7.5.1804
Docker : 18.09.0, build 4d60db4
Docker-compose : 1.23.2, build 1110ad01
※Dockerには、[Docker CE]とエンタープライズ版の[Docker EE]がありますが、今回は無償の[Docer CE]を使用します。

2.2. Docker CEのインストール

前提パッケージの確認

# yum list installed lvm2 yum-utils yum-utils device-mapper-persistent-data

入ってなければ前提パッケージをインストールして下さい。

# yum install -y yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2

古いバージョンのDockerがインストールされている場合はアンインストール

# yum remove docker docker-common docker-selinux docker-engine

リポジトリを追加します

# yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

Docker CEをインストールします

# yum install docker-ce -y 

自動起動を有効化します

# systemctl enable docker

Dockerを起動します

# systemctl start docker

sudoなしでDockerを実行するため、ユーザーをDockerグループに追加します

# usermod -aG docker $USER

ただし、セキュリティが弱くなりますので注意して下さい。

2.3. Docker-composeのインストール

docker-composeを使うと、複数のコンテナから構成されるサービスを従来よりも簡単に管理できるようになります。※docker imageをまとめて起動とかできるようにするため

docker-composeのインストール

# curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.23.2/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` -o /usr/local/bin/docker-compose
# chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

version確認

# docker-compose --version
docker-compose version 1.23.2, build 1110ad01

簡単できるのはいいですけど、概念を知らずに構築したので中身が見えず正直怖いですね。今後、中身を見る方法やセキュリティに関してちゃんと調べる必要がありますね。

3.Dockerコマンド一覧 ※詳細はヘルプを参照

コマンド一覧は、あくまでも自分のために公式サイトのリンク集を作ってみました

https://qiita.com/nimusukeroku/items/72bc48a8569a954c7aa2

3.1. コンテナ操作

コマンド 内容
attach コンテナにアタッチ
cp コンテナ・ホスト間でのファイルコピー
create コンテナ作成
diff コンテナの差分確認
exec 既存コンテナでコマンド実行
export コンテナをtarファイルで保存
history コンテナ履歴を表示
import tarファイルからコンテナ作成
inspect コンテナ・イメージ情報表示
kill コンテナ強制終了
logs コンテナログ(出力)取得
pause コンテナ一時停止
port 公開ポート表示
ps コンテナプロセス表示
rename コンテナ名変更
restart コンテナ再起動
rm コンテナ削除
run コンテナ上でコマンド実行
start コンテナイメージ起動
stats コンテナリソース利用状況表示
stop コンテナ停止
top コンテナリソース状況表示
unpause コンテナ再開
update コンテナ設定を動的に変更
wait コンテナ終了を待つ

3.2. イメージ操作

コマンド 内容
build イメージのビルド
commit コンテナからイメージ作成
images イメージ一覧表示
inspect コンテナ・イメージの情報表示
load tarファイルからイメージ作成
rmi イメージ削除
save イメージをtar保存
tag イメージにタグ名を設定

3.3. ネットワーク

コマンド 内容
network connect コンテナをネットワークに接続
network create ネットワーク作成
network disconnect コンテナのネットワークからの切断
network inspect ネットワーク状態表示
network ls ネットワーク一覧
network rm ネットワーク削除

3.4.ボリューム操作

コマンド 内容
volume create ボリューム作成
volume inspect ボリューム内容表示
volume ls ボリューム一覧表示
volume rm ボリューム削除

3.5. その他

コマンド 内容
daemon サーバ起動
events イベントの監視
info Dockerの情報表示
system df ディスク利用状況の表示
system prune 不要なファイルの削除
version バージョン表示

3.6. Docker Compose

コマンド 内容
docker-compose build 全コンテナをビルド
docker-compose config コンテナの設定
docker-compose create コンテナの作成
docker-compose exec コンテナでのコマンド実行
docker-compose kill 全コンテナ強制停止
docker-compose logs コンテナログ
docker-compose ps コンテナ一覧
docker-compose restart 全コンテナ再起動
docker-compose rm 全コンテナ削除
docker-compose run コマンド実行
docker-compose start 全コンテナ起動
docker-compose stop 全コンテナ停止
docker-compose up コンテナ生成・起動
legitwhiz
legit whiz代表 ITインフラ開発者
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away