redhat
ntp

NTPのpeerの使い方

NTPのpeerの使い方

ntp.confにpeerというオプションがあり、多くのシステムで使用されていますがpeerは本来、次のような異なるNTP Serverを参照し、かつ階層(Stratum)が同じクライアント間で設定する。

(正)
NTP Server           NTP Server
    ↑                     ↑
    ↑参照                  ↑参照
    ↑                     ↑
NTP Client ←←peer→→NTP Client

しかし間違った使い方をしているシステムをよく見かけます。
次のような同じNTP Serverを参照しているクライアント間でpeerを設定する。

(誤)
           NTP Server
           /        \
         / 参照        \参照
    NTP Client ←peer→NTP Client

これは本来のpeerの使用目的にはあわず、設定しても意味がない。
また同一Serverを参照しているクライアント間ではpeer設定をしないようにといった記述もありました。
(設定するとどのような弊害があるかまでは記述なし)