search
LoginSignup
0

posted at

updated at

AWSの主なサービスをまとめてみた

はじめに

当記事はAWSの主なサービスを備忘録として簡潔にまとめていこうと思います。
個人開発者目線での記事となっています。
初学者なので間違っていることや分かりにくい部分があると思いますが、ご指摘いただけたら幸いです。

AWSとは

AWSとはAmazon Web Serviceの略でAmazonが提供するクラウドサービスです。
AWSではWebサイトの運営やビッグデータ分析、機械学習などをすることができます。

様々なニーズに合わせた多様なサービスがあるので必要なサービスを学習していくことが重要になってきます。

今回はWebサイト運営を目的とした記事となります。

VPC (Virtual Private Cloud)

AWS上でネットワークを提供する仮想ネットワークサービス。
扱うサービスの作業範囲を決めるような認識。

アイコン image.png
料金 VPC自体は無料で利用することができる。

サブネット

VPCのを細かく区切り、IPアドレスを細分化したもの。
大きく分けて、インターネットに接続可能なサブネットをパブリックサブネット、不可能なサブネットをプライベートサブネットと呼ぶ。

アイコン image.png image.png
料金 無料

ルートテーブル

サブネットやその他のシステムを通信させるための送信先の制御をするリスト。

アイコン -
料金 無料

インターネットゲートウェイ

VPCにアタッチすことでインターネットに接続することができる。

アイコン image.png
料金 無料

NATゲートウェイ

AWS内で通信するときに用いるもの。
IPアドレスを秘匿するために、プライベートサブネットに配置したDBへ接続する際、パブリックアブネットから一度NATゲートウェイを経由してプライベートサブネットのDBへ転送するなどの用途で用いる。

アイコン image.png
料金 0.062 USD/時間

Elastic IP アドレス

AWS内でIPアドレスを固定することができる。

アイコン image.png
料金 起動中のEC2インスタンスに割り当てた場合のみ無料
割り当てていない場合は0.005 USD/時間

セキュリティグループ

AWS内のネットワークのインバウンドルールとアウトバウンドルールの制御する仕組み。

アイコン image.png
料金 無料

VPCエンドポイント

AWS内で通信をするときにIPアドレスを用いずに通信することができるもの。

アイコン image.png
料金 最初の1PB : 0.01 USD/時間
次の4PB : 0.006 USD/時間
5PB以上 : 0.004 USD/時間

EC2 (Elastic Compute Cloud)

AWS上に仮装マシンを構築するサービスで、作成したEC2の仮想サーバーはインスタンスという単位で扱われる。
Elastic伸縮性が高いという意味で、ユーザーの要件によりコンピュータの性能や台数、メモリなどその名の通り、伸縮性が高く設定することができる。

アイコン image.png
料金 契約するEC2タイプによって異なる。
起動しているだけで料金が発生する可能性があるので注意が必要。

AMI (Amazon Machine Image)

EC2を起動する上での設計図。
OSの情報や提供したいサービスをインストールしているものがテンプレートとしてまとまっている。

アイコン image.png
料金 利用するAMIによって異なる。

キーペア

インターネット上で情報をやり取りする際に第三者から情報を盗み見されないために通信データを暗号化する仕組み。

アイコン image.png
料金 無料

ELB (Elastic Load Balancing)

特定のEC2インスタンスやその他のサービスにアクセスが偏らないように分配してくれるもの。

アイコン image.png
料金 ロードバランサーの種類によって異なる。

Auto Scaling

アクセスが集中した際やあらかじめ設定された時刻など、特定の条件を満たした際に自動的にEC2インスタンスを起動、または終了してくれもの。

アイコン image.png
料金 無料

Lambda

AWS上で動作するバッチのようなもの。
実行時間は15分までの制限がある。

アイコン image.png
料金 100万リクエスト、40万秒まで:無料
100万件以上:0.2 USD/100万件
40万秒以上:0.0000166667 USD/GB-秒

Route53

AWSが提供するDNS(Domain Name System)。
IPアドレスとドメイン名を結びつける。

アイコン image.png
料金 0.5 USD/月(25ホストゾーンまで、ホストゾーンごと。)

S3 (Simple Storage Service)

クラウド型のオブジェクトストレージサービス。
静的サイトや、サーバーアクセスエラー画面なども配置する。

アイコン image.png
料金 有料。(契約内容によって変動する。)

RDS (Relational Data Base System)

AWSによって提供されているフルマネージドデータベース。
AWSが独自に提供するDBのAuroraから、MySQL、ProtgerSQL、ORACLE等が利用できる。

アイコン image.png
料金 契約の種類によって異なる。

Cloud Watch

AWSで稼働中のシステムの状況を監視したり、ログを見たりすることができる。
システムの状況やログからアラームを設定したり、イベントを起動したりすることができる。

アイコン image.png
料金 一部無料利用枠はあるが利用状況が大きくなると有料になる。

CloudFormation

AWSリソースをソースコードとして管理し、起動することができる。

アイコン image.png
料金 無料

ECR (Elastic Container Registry)

AWS上で利用できるDocker hub。レジストリサービス。

アイコン image.png
料金 ストレージ:0.1 USD/GB
データ転送:0.14 USD/GB

ECS (Elastic Container Service)

ECRのコンテナを起動させる場所。

アイコン image.png
料金 無料。(起動するインスタンスタイプによっては課金が発生する。)

IAM (Identity and Access Management)

AWSにおけるユーザーや権限を管理する。

アイコン image.png
料金 無料

SNS (Simple Notification Service)

AWSからメールやプッシュ通知を行うメッセージングサービス。

アイコン image.png
料金 無料利用枠あり。通信が多いと課金。

Billing

AWSで利用している課金状況を見ることができる。

アイコン -
料金 無料

おわりに

AWSの機能のよく使うであろう機能をまとめてみました。
ここに記した機能はAWSの中でもごく一部なので日々もっと勉強しないといけないですね。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0